ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleストリートビューで見る、都市の劇的ビフォーアフター!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、地球温暖化防止などの観点から、自動車を中心とする従来の都市構造を見直しが、世界各地で進められている。

歩行者に配慮した街づくりに向けて、各都市では、どのような変遷をたどってきたのだろうか。

・ストリートビューを活用し、街の変遷を比較

ブラジル・サンパウロの都市デザイナーグループ「Urb-i」は、オンラインギャラリー「BEFORE | AFTER GALLERY(ビフォー・アフターギャラリー)」を公開した。

ギャラリーでは、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、エルサレム、リオデジャネイロ、ソウル、神戸など、世界300地点以上を対象に、自動車中心の街から歩行者に配慮した空間へと転換した“ビフォーアフター”を、Googleストリートビューの画像で比較している。

たとえば、ニューヨークのタイムズスクエアでは、2009年時点、自動車が行き交っていた道路が、2011年には歩行者専用道路に。2014年には、さらにこの空間がバリアフリー化されていることがわかる。

・ストリートビューが世界のタイムマシンに?

よりビジュアル化された地理情報を提供するべく、2007年に米国で開始されたGoogleストリートビューは、世界各地にサービスエリアを拡大させると同時に、機能の拡充にも注力。

2014年4月には、同じ地点で撮影された画像を過去にさかのぼって閲覧できる「タイムマシン機能」を追加している。

BEFORE | AFTER GALLERYでの活用例でもわかるとおり、Googleストリートビューは、今後、世界各地の変遷を記録する“定点観測ツール”としても、大きな役割を果たしていきそうだ。

BEFORE | AFTER GALLERY

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP