体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“オトナが本気でコピーバンドをやったらこうなった”福岡のオモシロライブイベントをご紹介

“オトナが本気でコピーバンドをやったらこうなった”福岡のオモシロライブイベントをご紹介

先日福岡市天神の親不孝通りにあるクラブ voodoo lounge で行われた『ラウンジサウンズ 第4回コピーバンド大会』というオモシロライブイベントの模様が『YouTube』にアップされているのでご紹介します。

『ラウンジサウンズ』は福岡県内外を問わずインディーズで活動する面白いバンドを集めたショウケース的な音楽イベントで、その歴史は古く、今もなお週1回のペースで定期的に行われています。
その特別編的な意味合いの『コピーバンド大会』はこれまでにも何度か開催されているのですが、毎度そのクオリティの高さには驚かされます。
コピーバンドといえばバンド初心者、とりわけ楽器を持ったばかりの中高生がまず最初に通る道ですが、“熟練したミュージシャンが本気でコピーバンドをやったらどうなるか?”を具現化したらとんでもないことになっちゃいました。そんな“オトナの本気具合”を感じさせてくれるイベントです。

こちらは今回行われたコピーバンド大会の模様。イカ天で一世を風靡(ふうび)したバンド たま のコピーです。

**********
メンバー(担当パート/名前/バンド名)
ボーカル・ギター:ボギー(nontroppo)
ボーカル・キーボード:アダチヒデヤ(アダチ宣伝社)
ボーカル・ドラムス:chang(nontroppo,etc)
ボーカル・ベース:tessi(Hypstone Friends)
**********

演奏や歌声はもちろんのこと、衣装からドラムセットに掛けられてあるマダムソースの前掛けまで、この方たち完全に“ガチ”です。たま といえば30歳以上の方には非常に懐かしいのではないでしょうか。当時イカ天(イカすバンド天国)で たま を見てその奇抜な出で立ちと奇妙なサウンドがトラウマになった、いや、その個性的な魅力のとりこになった方も多いのでは?

たま の知久さんパートを担当しているボギーさんはこのイベントの主催者であり、バンド nontroppo のギター/ボーカルとして福岡で活躍中です。これまでも岡村靖之さんやバービーボーイズのコンタさんのハイクオリティコピーで『YouTube』上で話題になっていました。それが今回は知久さんのコピーということで驚くべき守備範囲の広さを見せてくれています。

また、特筆すべきは柳原さんパートのアダチヒデヤさん。福岡ではミュージシャン/ラジオDJとして有名な方ですが、この方イカ天に大きなショルダーキーボードを引っさげ、見事完走を果たした福岡のバンド たけのうちカルテット のボーカルの方なんです。熱心なイカ天マニアの方なら聞き覚えのあるバンドではないでしょうか? そんな たけのうちカルテット が たま のコピーという全イカ天ファン胸熱な展開となっています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会