体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紅葉を眺めながらビールを愉しむビアガーデン @『高尾山ビアマウント』

taka-9_R

秋と言えば食欲の秋、そして紅葉の綺麗な季節でもあります。山登りには最高の季節の到来です。

と、言う訳で今回は新宿から電車で約50分の距離にある”高尾山”に注目してみましょう。都内からのアクセスも良く、比較的なだらかな山なので、ハイキングコースとしても人気があります。

そんな高尾山に”飲み放題のビアガーデン”があるのを御存じでしょうか?

『高尾山ビアマウント』

taka-2_R

秋の高尾山を歩いて登るのも最高ですが、筆者の目的は景色よりも”ビール”で御座います。

taka-3_R

と、言う訳でココはさっくり”ケーブルカー”で目的地である『高尾山ビアマウント』まで一直線に向かいます。

taka-4_R

ちなみに高尾山と言えども、年に数人はプチ遭難するので、特にアルコールを飲んだ帰りは安全の為にも”ケーブルカー”での下山を推奨します。

taka-5_R

『高尾山ビアマウント』に到着すると、そこにはすでに行列が……。

しかし、この『高尾山ビアマウント』は晴れの日ならば600人、雨の日でも屋根のある場所に200~300人収容出来るので、夏休みの土日以外ならば、意外とさっくり入場出来ます。

まずはビールで乾杯!

taka-7_R

『高尾山ビアマウント』は2時間制のバイキング形式で料理は食べ放題、しかもビールも飲み放題なので安心です。

ちなみに筆者は成人男子なので3500円でした(中学生、小学生料金等の設定有り)。

2時間の食べ放題、飲み放題で3500円なら下手な居酒屋のコースよりも、安いのではないでしょうか?

しかもビールは数種類あり『サントリープレミアムモルツ』と言った定番や、外国産の『ハイネケン』などもあります。

taka-6_R

他にはソフトドリンクや焼酎類、カクテルにサワーもあるので、ビールが飲めない人でも楽しめます。

ちなみにチケットを購入し、そのチケットを渡して最初のジョッキと皿を受け取るシステムになっています。

料理も多いぞ!『高尾山ビアマウント』

taka-17_R

そして、この『高尾山ビアマウント』の料理は種類が多く、ちょいちょい美味しいのもポイントです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会