体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10月5日より東洋占星術をもとにした毎週の占いをスタート。星の出し方と9月の運勢をチラ見せ!

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

 

あなたの星の出し方

まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 

9月全般と今週の占いをチラ見せ!

1・水の星の人

9月(9/7~10/4)の運勢

変化の多い月となる予感です。その変化は小さいものから大きいものまで様々です。訪れる変化の波にあなた自身の心も、何か現状を変えたい、新しいことに挑戦してみたいと思うようになるかもしれません。だけど、ちょっと待って。体調は大丈夫ですか?そろそろ夏の疲れが出やすい模様。今月は大きな改革をするよりも身の回りに目を向けて、まずは小さな改革から始めてみましょう!

 

9/7(月)~9/13(日)の運勢

今週はトラブルが起きやすい暗示。目立つ行動は避けて、自己主張するよりも周りの意見を尊重する方がよさそうです。納得できなくても今はちょっぴり我慢。合コンや飲み会でも聞き役、友達のサポート役に徹してください。控えめな態度があなたの魅力を際立たせます。

ウィークデイは早めに帰宅して、ゆったりとした気持ちでバスタイムを楽しんでください。お気に入りの入浴剤やバスソルトを入れると吉。週末はアクティブに過ごすよりも体のメンテナンスなどに努めると運気がアップ。

 

2・大地の星の人

9月(9/7~10/4)の運勢

これまでの努力が報われる月となる予感です。上半期のうちにしっかりと地盤固めをした人には昇進などといった嬉しい知らせが訪れる暗示があります。ずっと抱えていた悩みや問題も解決に向かいそうです。華やかな場所や物事にも縁があります。ただし、決して調子に乗らないこと。口の災いが運気を下げます。金運は吉。ただし出費の多い月になりますので、メリハリのある使い方を心がけてくださいね。

 

9/7(月)~9/13(日)の運勢

今週は一喜一憂するような、なんとなく気忙しい暗示があります。週のはじめから騒がしくなりそう。家族や身近な人のことでトラブルが発生したり、その一方で嬉しい知らせがあったり。週の半ばには気持ちが落ち込むことがあるかもしれません。でも決して顔には出さないこと。なんとか笑顔で頑張って!笑う門には福来る、です。

週末の交際運は上々。一緒に過ごす相手にプランを任せると楽しく過ごせそうです。あなたのハッピーオーラに引き寄せられる人もいるかも。

 

3・雷の星の人

9月の運勢

今月は、思うように物事が進まなかったり、仕事がはかどらなかったり、気苦労の多い月になりかもしれません。体調も崩しやすい時なのでくれぐれも気を付けてください。冷えから来る病気には要注意です。しかしその一方で、今月は勉強運が吉。資格などの学習や習い事を始めたり、スキルアップを図るには最適の月です。入念に下調べをして、ぜひ計画を立ててみて。異性からのお誘いがありそうな予感もありますが、秘密の関係になりやすいので慎重に!

 

9/7(月)~9/13(日)の運勢

今週は普段から努力してきたことがある人は、意見を求められたり、知識を活かす機会に恵まれそうです。明るくテキパキとした対応が好感を持たれます。11日(金)はなにかトラブルが起きそうな暗示。物を無くしたり、ミスをしたり、身に覚えのないことを言われたり。念には念を!石橋を叩けるだけ叩いて落とし穴を回避してください!目上の人の意見や周りの人からのアドバイスは有難く頂戴しておきましょう。

週末はパートナーのいる人は干渉のし過ぎにはくれぐれも気をつけてください。刺激を求めるより現状維持が吉。

 

4・風の星の人

9月(9/7~10/4)の運勢

先月、何かと気苦労が多かった人も多いはず。そんな人は一安心。運気は徐々に回復に向かっています。引き続き気を引き締めて、一歩一歩、前に進めて行きましょう!短期的ではなく長期的な目標に目を向けて努力するのが吉。今月あなたにパワーを与えてくれるのは家族など身近な存在の人。積極的にコミュニケーションを図り、一緒に過ごす時間を多くするように心がけてみて。実家に長く帰っていない人は母親に電話を。年末の帰省が充実したものとなる予感です。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。