ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ドラマ『デスノート』の死因が誤字だった事が判明! だけど死にました(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年9月6日に放送された、ドラマ『デスノート』。このドラマには、名前や死因を書くと命を奪える、デスノートと呼ばれるモノが登場する。デスノートに名前と一緒に死因を書くと、書かれたままの流れで対象者が死ぬことになる。

・ひとつ疑問の声
毎週ハラハラドキドキしながら観ている人は多いと思われるが、視聴者から、ひとつ疑問の声があがっている。デスノートに書かれた死因の文字に誤字があったにもかかわらず、対象者が死んだのである!

・「心臓麻痺」の「臓」の部分
実際にデスノートに書かれた文字を確認してみると、「心臓麻痺」の「臓」の部分がおかしいことが判明。「艹」が「月」のほうまで豪快にせり出しており、存在しない文字になっているのだ。

・誤字は自動的に補正!?
さらに「心臓麻痺」の「痺」の部分も誤字に見えるらしく、「氵」になっているのではないかと問題視されている。デスノートは多少の誤字は自動的に補正してくれるのだろうか?

だとすれば、タブレットPC顔負けのハイテクノロジーなノートといえる。

https://youtu.be/VIwKzE1tHGI

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/09/07/drama-deathnote/

Via: ドラマ『デスノート』

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP