3DSソフト『ザ・シムズ3』の変な中毒性 「なぜかプレイしてしまう」

Pocket
LINEで送る

記者 : カテゴリー : ゲーム タグ :

3DS&ザ・シムズwebサイト『ザ・シムズ3 / THE SIMS3』は、パソコン用をはじめXBOX360用やPlayStation3用と、多くのプラットフォームに向けて移植、発売されている。人間観察シミュレーションゲームとして有名なタイトルなのでご存知の方も多いと思う。

そして『ザ・シムズ3』は今回、Nintendo 3DS(以下3DS)専用ソフトとしても比較的早い時期に発売された。そもそものソフトの種類が少なかった3DSのラインナップという事もあり、『ザ・シムズ3』は発売日でも「手に入らない」との声があった。

『ザ・シムズ』シリーズは初めての記者が、実際に今回3DS版に触れた感想をもとにレビューしてみたいと思う。

――品薄?
3DSをもっていたけれども、内蔵ソフトだけで遊ぶこと1か月の記者。「そろそろ新しいソフトが欲しいな」と思って目を付けたのは『ザ・シムズ3』。しかし、発売日以降に各店舗を回るも、なかなか手に入れることができず、最終的にはamazon.comで注文しようやくゲットした。ネットでは「初回出荷数が少なかったのでは?」という意見があった。

――プレイしてみる
早速、プレイしてみると、和製ゲームとはまた違った、いわゆる「洋ゲー(海外ゲーム)」の雰囲気がそこかしこから感じられる(実際、海外ゲームの移植だから当たり前ではあるのだが)。

まずは主人公となるキャラクターの作成からスタート。「なんだかバタ臭いキャラクターばかりだなー」と思いつつも、「この世界はビッグなアメリカなんだぜ!」と自分に言い聞かせてキャラ作成。

3DSの機能を使い、カメラから自分の顔を取り込んで、「比較的似た顔を自動作成する機能」は好印象。もっとパーツや服の種類、体系の調整など『Mii スタジオ』ばりのバリエーションがあればうれしかったところ。

キャラクターの特性(頭がいい、魅力がある、料理が得意、など)を決めて、「人生の目標」を決める。なんだかよくわからないまま、記者の『ザ・シムズ』ライフがスタートした。

――散々なスタート
スタートしてからしばらくは、「出勤」し、ストレスを溜めて帰ってきては、すぐ就寝したりしていた。そのせいか、突然起きて料理をしたり、夜中にステレオの前で踊り狂う、というような狂ったアメリカンライフを満喫していた。

当初は手持ちの資金が結構あるのでパソコンや新しいシャワールーム、ソファなどいろいろな家財などを買って「ストレスのない快適生活」を目指していた。

そんな矢先に、泥棒に入られる。何をしたらいいのかわからないまま、見る見るうちに高級家財がなくなっていく。気を取り直し、バイトの薄給となけなしのお金で家財を集める。が、しかし、また泥棒に入られてしまった。

2回目からはケータイで警察を呼びつつ、格闘して対抗しようとするが、あえなく負ける。さらには、「何もないのにイタズラの通報をしないでください」と警察に罰金をとられる。意気消沈しているのは、ゲーム画面の中だけではなかった。

さらに、3回目、4回目と泥棒にどんどんと必需品を盗まれ、とうとう便器まで持ち去られてしまった

便器の無い部屋でこらえきれず、身もだえしながら尿を漏らすキャラクター。ゲームの中の自分の周りには、ハエが集まり始めた。「おいおい、お前、今年40歳だろ…。良い大人だろうが……」と、哀しさを通り越して笑ってしまった。自分に似せず、美人女子キャラクターにすればよかったのだろうか。

あまりのストレスに見舞われたキャラクターは掃除をすることもできず、台所は汚れ、異臭を放つ食材がそこかしこ。読んでいない新聞は散らかったまま。体からもおかしな臭いが漂い、3回買ったステレオは修理できず煙を上げている。この部屋はまさに阿鼻叫喚(あびきょうかん)そのものだった。

ちなみに記者が、泥棒を撃退し警察を呼べる「防犯装置」に気づいたのは、このしばらく後だ。

ここまで書いて思ったのだが、ひょっとしたらこの時点でゲームそのものをやめてしまう人もいるのかもしれない。しかし記者の場合、何とも言えないこの「観察」を止めることはできなかった。

――目的は人それぞれ?
単調なストレスライフから思わぬ幅の広さを見た記者は「トイレに行きたそうにしている女性キャラクターにひたすら話しかける」という変態チックなプレイや、「仲良くなった女性を同時に部屋に呼んでそれぞれに“イチャイチャ”する」という鬼畜プレイ、「ひたすらキャラクターを罵倒する」という暴力的なプレイなど、曲がった楽しみを見出すようになっていた。

そんな非人間的な主人公も、今では市長から知事にグレードアップ。「世の中狂ってるぜ」と思いつつも、「今度は何ができるのだろう」と思うようになっていた。今考えるとあの「失禁」時、すでに記者は『ザ・シムズ3』のとりこになっていたのだと思う。

ちなみにこの知事、一度、ラジカセを修理しようとしてアフロ頭のまま感電死している(新規で作り直すか、ためらいつつもセーブ前からやりなおしてしまった)。

プレイ序盤だけでこのような状態であった。極悪人プレイもあれば、科学者を目指すプレイもあるようなので、設定された「人生の目的」の数以上に、このゲームの楽しみ方がありそうだ。

――インターフェースはややクセがある
いかがだっただろう。洋ゲーゆえの幅の広さがこのゲームには秘められているようだ。反面、洋ゲーだからとは言わないが、操作方法は少々“独特”になっている。誤解を恐れずハッキリ言うと、「ところどころやりづらい個所」がある

どうやら、3DS版『ザ・シムズ3』については、タッチペン主体の操作方法を想定しているらしく、3DSのコントローラーやボタンだけですべての操作を完結することができない。使わないボタン(割り振られていないボタン)なども多いだけに、ここは頑張ってほしかった。

また、指をタッチペン代わりにしようとすると、アイコンが小さいので少々苦労する場面もある(慣れれば、指だけで十分遊べる)。無精をせずに素直にタッチペンを取り出せば良いのではあるが、いろいろなスタイルで遊べるように配慮してもらえたら、もっと多くの人に楽しんでもらえたのではないだろうか。

――バグの存在
後で知ったのだが、この『ザ・シムズ』シリーズ、やりこみ要素が高く多くのファンがプレイを重ねているが、実はバグもちらほら見られる模様だ。

発売元はエレクトロニック・アーツ(EA)なのだが、ファンたちは「EAだからなあ」「毎度のこととはいえ、なんとかしてくれれば…」「デバッグに人手を割けないのかよ」と、要望ともあきらめともつかない声が上がっているのも、また事実だ。良ゲームだけに欠点は気になるところといったところだろうか。

3DS版で現在確認されているのは「セーブが出来なくなる」バグ。自宅でのみセーブ可能なのだが、町に行って自宅へ帰ってきたときなどに、なぜかセーブが出来なくなっていることがあった。正直、これはヘコむ。これから遊ぼうと思っている人には、こまめなセーブをおすすめする。

ちょっとロード時間が長いのも若干気になるところではある(記者は慣れてしまったが)。

――なんだかんだで、楽しい
いろいろあるが、『ザ・シムズ3』は楽しい。

発売当初は見つからなかったパッケージをたまたま中古コーナーで見つけたときは「面白いのになあ」ともったいない気持ちになった。手に入れた方は、ぜひとも、おおらかな気持ちでプレイすることをおすすめしたい。そしてEAさんは、ぜひとも、“改良”された新しい『ザ・シムズ』を出してほしいところである。

ザ・シムズ3
B004MKM3NQ

■関連記事
ゲームキューブ100台が1万500円でヤフオクに出品! まるで積み木のようだ
『桃太郎電鉄』最新作が製作中止決定「被災地に物件がないのは悲しすぎる」
『ニンテンドー3DS』はゲームソフトがなくても十分楽しめます
ハンゲーム『Smart day 2011』開催! この日からハンゲーは変わる宣言
体験版配信や被災地支援など発表相次ぐ『エルシャダイ』 イグニッションが中目黒エルシャダイカフェで発表会を開催

wosa

記者:

「予備校生のような出で立ち」と揶揄されながらも写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

  • ガジェット通信をフォロー≫
Pocket
LINEで送る

新着記事一覧

TOP