体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3DSソフト『ザ・シムズ3』の変な中毒性 「なぜかプレイしてしまう」

3DS&ザ・シムズwebサイト

『ザ・シムズ3 / THE SIMS3』は、パソコン用をはじめXBOX360用やPlayStation3用と、多くのプラットフォームに向けて移植、発売されている。人間観察シミュレーションゲームとして有名なタイトルなのでご存知の方も多いと思う。

そして『ザ・シムズ3』は今回、Nintendo 3DS(以下3DS)専用ソフトとしても比較的早い時期に発売された。そもそものソフトの種類が少なかった3DSのラインナップという事もあり、『ザ・シムズ3』は発売日でも「手に入らない」との声があった。

『ザ・シムズ』シリーズは初めての記者が、実際に今回3DS版に触れた感想をもとにレビューしてみたいと思う。

――品薄?
3DSをもっていたけれども、内蔵ソフトだけで遊ぶこと1か月の記者。「そろそろ新しいソフトが欲しいな」と思って目を付けたのは『ザ・シムズ3』。しかし、発売日以降に各店舗を回るも、なかなか手に入れることができず、最終的にはamazon.comで注文しようやくゲットした。ネットでは「初回出荷数が少なかったのでは?」という意見があった。

――プレイしてみる
早速、プレイしてみると、和製ゲームとはまた違った、いわゆる「洋ゲー(海外ゲーム)」の雰囲気がそこかしこから感じられる(実際、海外ゲームの移植だから当たり前ではあるのだが)。

まずは主人公となるキャラクターの作成からスタート。「なんだかバタ臭いキャラクターばかりだなー」と思いつつも、「この世界はビッグなアメリカなんだぜ!」と自分に言い聞かせてキャラ作成。

3DSの機能を使い、カメラから自分の顔を取り込んで、「比較的似た顔を自動作成する機能」は好印象。もっとパーツや服の種類、体系の調整など『Mii スタジオ』ばりのバリエーションがあればうれしかったところ。

キャラクターの特性(頭がいい、魅力がある、料理が得意、など)を決めて、「人生の目標」を決める。なんだかよくわからないまま、記者の『ザ・シムズ』ライフがスタートした。

――散々なスタート
スタートしてからしばらくは、「出勤」し、ストレスを溜めて帰ってきては、すぐ就寝したりしていた。そのせいか、突然起きて料理をしたり、夜中にステレオの前で踊り狂う、というような狂ったアメリカンライフを満喫していた。

当初は手持ちの資金が結構あるのでパソコンや新しいシャワールーム、ソファなどいろいろな家財などを買って「ストレスのない快適生活」を目指していた。

そんな矢先に、泥棒に入られる。何をしたらいいのかわからないまま、見る見るうちに高級家財がなくなっていく。気を取り直し、バイトの薄給となけなしのお金で家財を集める。が、しかし、また泥棒に入られてしまった。

2回目からはケータイで警察を呼びつつ、格闘して対抗しようとするが、あえなく負ける。さらには、「何もないのにイタズラの通報をしないでください」と警察に罰金をとられる。意気消沈しているのは、ゲーム画面の中だけではなかった。

さらに、3回目、4回目と泥棒にどんどんと必需品を盗まれ、とうとう便器まで持ち去られてしまった

便器の無い部屋でこらえきれず、身もだえしながら尿を漏らすキャラクター。ゲームの中の自分の周りには、ハエが集まり始めた。「おいおい、お前、今年40歳だろ…。良い大人だろうが……」と、哀しさを通り越して笑ってしまった。自分に似せず、美人女子キャラクターにすればよかったのだろうか。

あまりのストレスに見舞われたキャラクターは掃除をすることもできず、台所は汚れ、異臭を放つ食材がそこかしこ。読んでいない新聞は散らかったまま。体からもおかしな臭いが漂い、3回買ったステレオは修理できず煙を上げている。この部屋はまさに阿鼻叫喚(あびきょうかん)そのものだった。

ちなみに記者が、泥棒を撃退し警察を呼べる「防犯装置」に気づいたのは、このしばらく後だ。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会