体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

勝間和代さんが原発推進CM出てたのに理解が足りなかったことを詫びてるので“広告塔”の決め方教えてやる

ウェブはバカと暇人のもの

今回は中川淳一郎さんのブログ『ウェブはバカと暇人のもの』からご寄稿いただきました。

勝間和代さんが原発推進CM出てたのに理解が足りなかったことを詫びてるので“広告塔”の決め方教えてやる
かつて中部電力のCMに出て、電気事業連合会後援のラジオ番組に出演していたり、『朝まで生テレビ』で親原発的発言をしていた勝間和代さんが「みなさまの原子力に対する重大な不安への理解、および配慮が足らなかったことについて、そして、電力会社及び政府のエネルギー政策上のコンプライアンス課題を正しく認識できていなかったことについて、心からおわびを申し上げます」と書いていますね。

「原発事故に関する宣伝責任へのお詫びと、東京電力及び国への公開提案の開示」2011年04月15日『REAL-JAPAN.ORG』
http://real-japan.org/2011/04/15/421/

勝間さんの声明にはコメント欄で「お前が言うか」「で、ギャラは返還するのですか?」みたいな声にあふれ炎上しているわけですが、人々の怒りは「カネでテキトーなことを言わされた客寄せパンダが何を言うか、エッ!」というものがあるのですね。

切込隊長も「だから、彼女の話を受けての反応が“どの口で電力会社批判しているんだ”という内容になるのは当然だよなあ」* と違和感を覚えています。

*:「勝間和代女史が寝返った件(いい意味で)」2011年04月16日『切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man’s Blog』
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2011/04/post-bbf3.html

ここではですねぇ、いわゆる“広告塔”がどうやって決まるのかってことをシミュレーションしてみますね。オレは以前、建設省の河川事務所関連の仕事で「土手に光ファイバーを埋め込み、川を情報化します!」という運動のPRをやっていたことがあるのですよ。ここでは光ファイバーを土手に埋め込むことの是非については何も述べないからな。ここはあくまでも“広告塔をどうやって決めるか”という話をするからな。

建設省のアピールしたいこと
・土手に光ファイバーが必要であることを河川沿線住民・納税者に植え付けること
・情報化社会の到来は河川沿線住民を幸せにします!

そのために言いたい内容
・災害というものはいつくるか分からない。備えあれば憂いなし。光ファイバーを使った情報網を整備することにより、洪水の際も迅速に情報提供ができます
・光ファイバーがつながれば、明るい生活が待っています
・光ファイバーには無限の可能性があります
・光ファイバーにより、“河川コミュニティ”を生み出すことができます

なぜ広告塔を立てるか?
・自分の言いたいことを自分で言うと単なる自画自賛になるから
・人気のある人に言わせることで、注目を集められるから
・広告塔になった人は、“何を言うか”の発言はけっこうコントロールできる。カネを渡しているだけに、そこは“暗黙の了解”が存在する

以下、建設省と広告代理店との広告塔決定会議の模様を再現するぞ。登場人物はこんな感じだな。実際は10人以上いるけど、重複する役割のやつも多いし、どうせしゃべるのは5人くらいなので、以下のようにしとくぞ。

・建設省ノンキャリアA(48歳 以下“ノンA”):司会進行役
・建設省ノンキャリアB(51歳 同“ノンB”):「しかし……」「でも……」と否定する役
・建設省キャリア所長(45歳 同“所長”):意思決定役
・広告代理店営業(43歳 同“営業”):合の手を入れる役
・PR会社社長(50歳 同PR):「PR的にはですねぇ~」と言うご意見番役
・広告代理店企画担当下っ端(26歳・オレのことね):メモ役

ノンA:ウオッホン、今日はですねぇ、○○川光ファイバープロジェクトの“有識者会議”に出席する人選を決めてみたいと思います。彼らはこのプロジェクトについて会議をし、その成果を半年後に発表し、我が河川事務所の光ファイバー推進計画を後押しするために重要な役割を果たします。

所長:まぁ、そこのとこ、頼みますよ。私が本省に戻った時、実績を見せる必要がありますからね、イイ人を提案してくださいね。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。