ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、音楽配信サービス「Google Playミュージック」を日本で開始、楽曲販売 / All Access / クラウドストレージが利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google がこれまで海外で提供していた音楽サービス「Google Play ミュージック」の国内向けサービスをようやく開始しました。待ち遠しかった・・・、Google 先生、ありがとう!!Google Play ミュージックは、Google Play ストアにおけるシングル・アルバムの単体販売、月定額音楽聴き放題のサブスクリプションサービス(All Access)、クラウドストレージに持っている楽曲をアップロードしてストリーミング再生するという、3 つの機能で構成されています。本日よりこれら 3 つのサービスが国内ユーザー向けに開放されました。楽曲の単体販売についてまず、Google Play ストアアプリを開いてみてください。トップ画面にオレンジの「音楽」セクションがアクティブになっていると思います。そこでは、様々な楽曲が販売されており、有料の映画や電子書籍と同じように購入できます。購入した楽曲は、Google が提供するユーザーの音楽ライブラリに保管され、Google Play ミュージックアプリまたは WEB 版プレイヤー(https://play.google.com/music/)を通じて視聴できます。サブスクリプションサービス「All Access」についてAll Access は月額 980 円で Google Play ストアで販売されている 3,500 万曲以上の音楽が聴き放題となるストリーミングサービスです。オフライン再生用にキャッシュとして保存することもできますが、未購入の楽曲は他の PC やスマートフォンにコピーしても再生できません。キャッシュ保存した端末でしか再生できないのです。サービスは、Google Play ミュージックアプリを開き、スライドメニュー上の「定期購入」をタップします。すると、決済画面などが表示されるので、有料アプリの定期購読のように決済します。All Access の定期購入は「自動更新」なので、やめたい場合にはユーザー側で退会処理をしなければなりません。また、ダウンロードした楽曲は Android Wear に転送することもでき、Bluetooth スピーカーなどに接続するとスマートフォン要らずで再生できます。サブスクリプションサービスは月額 980 円ですが初回 30 日は無料です。また、2015 年 10 月 18 日までにサブスクリプションサービスを登録すると、その後は月額 780 円の特別プランが適用されるキャンペーンも開催されています。クラウドストレージサービスについてGoogle は最大 5 万曲までならアップロードできるはユーザーの音楽ライブラリを提供しています。クラウドストレージに保存した楽曲は Android や PC などでストリーミング再生できます。Google は、PC に保存されている楽曲を Google Play ミュージックのクラウドストレージにアップロードするツールを提供しているので、Google Play ミュージックに移行したい場合はぜひ利用してみてください。ツールは自動アップロードに対応しているのでリッピングするだけで自動的にクラウドにもアップロードされます。WEB 版プレイヤーの「音楽をアップロード」メニューを使ってブラウザからアップロードすることもできます。視聴は、Android アプリ、または https://play.google.com/music/Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「スマートフォン for ジュニア / ジュニア2」のドコモメール対応アップデートを9月8日に実施
Xperia Z5 / Z5 Compact / Z5 Premiumのホワイトペーパーが公開
Google、Android版Googleドキュメントにアプリを離れることなくネット上のデータを挿入できる「リサーチ」機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP