体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『T京マンガ』座談会(1/5) 「本当にマンガを描いたことのない人たちが入学してるの?」

『T京マンガ』座談会

【漫画座談会について】漫画に関係するゲストを迎えながらTwitterやメールなどを活用して座談会を不定期におこなってます。前回の漫画座談会はこちらからどうぞ。(企画:深水英一郎、編集サポート:古街、ニコラシカ)

●参加者
喜多野土竜:元編集者・漫画原作者
一色登希彦:漫画家。「日本沈没」「モーティヴ」「ダービージョッキー」等
スチームトム:新人漫画家。社会人生活を続けていたが、2010年に突如仕事を辞め独立。ゼロから漫画家の道をスタートしたばかり。この座談会の進行役
タマ:漫画家志望の学生
とと:漫画家志望の学生
岡本健三郎:原作者志望の大学院生(新人賞受賞歴有、博士後期課程)

この座談会のきっかけとなった作品『T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振る』は、今でも以下のページで読むことができる。

T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振るルポマンガ
http://p.booklog.jp/book/20955
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16763692
マンガ家を本気で目指し、某大学に新しく創設されたマンガ学科へ入学した主人公の気持ちの動きを中心に綴った80ページにわたるマンガ。在学生がルポマンガとして執筆したとして、2月中旬にイラスト共有サイト等へアップロードされたが、ネットで大変な反響を呼び、閲覧数は5月中旬時点で94万回を記録している。

●『T京マンガ』座談会

さて今回は、ちょっと前にネット上で話題になった『T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振る』(以下『T京マンガ』)について語り合おうということで、漫画家志望の学生さんからプロの漫画家さん、原作者さんなどにお集まりいただきました。
T京K芸大学の方やこの作者とお知り合いの方もいらっしゃるということで、興味深いお話をきけることと期待しております。よろしくお願いいたします。

質問1
この『T京マンガ』ですが、まず目に止まるのは、マンガ学科の生徒のほとんどがマンガなんて描いたことがないという奴らばかりだという部分。このあたりはどうなのでしょうか? 本当に大多数が誰もマンガ家を目指してないあるいはマンガを描いたことがない人ばかりという状況だったのでしょうか?

タマ:
知っている限りではありますが、入学当時、同学年の人で投稿あるいは持ち込みをしたことがあるという人は4~5人、オリジナルのマンガを一本描きあげたことがあるという人は3割いるかいないかといった感じでした。
余談ですが二次創作を含めた同人活動をしている人もちらほら。

喜多野:
だいたいそんな感じですかね。実は自分もT京K芸大学マンガ学科に関しては、知り合いの編集に頼まれて、講義の補佐みたいなこともやったし、斉藤むねお先生に無理を言って、特別講義みたいなこともお願いしたんですが、生徒の反応のなさに少しガッカリしました。講義の内容は、ジャンプ・スクエアの『マンゼミ』でやってることをもっとかみ砕いて、実際に作例とか描いて見せたんですけど。ピンときてる生徒は一握り(20%ぐらい?)だったかも。

とと:
恐らく、学年ごとに差はあると思います。
しかしながら入学当初、描いたことある人や道具の使い方や原稿用紙の使い方をわかっているという人がいるかという問いかけに対して大半の人が原稿用紙の使い方がわからないと聞いてがく然としたのは覚えています。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会