体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キーボード+ガラケー機能を搭載する“日本流”Androidスマートフォン『GALAPAGOS SoftBank 005SH』製品レビュー

キーボード+ガラケー機能を搭載する“日本流”Androidスマートフォン『GALAPAGOS SoftbBank 005SH』製品レビュー

2月25日にソフトバンクモバイルが発売してから少し日が経ちますが、シャープ製Androidスマートフォン『GALAPAGOS SoftBank 005SH』をお借りしたのでレビューをお届けします。同製品はOSにAndroid 2.2を採用し、フルキーボードを搭載するスマートフォン。ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線通信など日本独自に進化した携帯電話、いわゆる“ガラケー”向け機能も搭載します。緊急地震速報への対応も決定し、さらに“日本流”に進化するスマートフォンはどのような使い心地なのでしょうか。

・ジャマにならないコンパクトなキーボード機構

タッチパネル面 背面

フルキーボードを搭載したスマートフォンといえば、同じシャープ製でau『IS01』やドコモ『LYNX SH-10B』が思い浮かびます。これらは“スマートブック”というカテゴリーを目指していたのに対して、『005SH』はもっと“ガラケー”的なアプローチで設計されているのが特徴。キーボードを収納した状態なら、ちょっと厚めのタッチパネル式スマートフォンと変わらない外見です。背面は曲面で滑らかに画面部分とつながっているので、通常はキーボードの存在をほとんど意識しないで利用できます。

スライド式のキーボード

キーボードはスライド式で、画面を上にした状態で下のキーボード面を引き出すようにスライドさせるとキーボードが現れます。『エアリースライド』と呼ぶ機構は、とても滑らかにキーボードの開閉が可能。キーボードを出すと、『mixi』や『Gmail』、メモ帳などキーボードをよく使うアプリの一覧が表示されるという親切設計です。表示するアプリはカスタマイズが可能。

・かゆいところに手が届くキーボード

日本語入力しやすいキーボード

QWERTY配列の英字キーに加えて、日本語入力でよく使う「、」「。」の専用キーを用意。日本語入力のしやすさを考慮した設計になっています。

カーソルキーを使えば片手操作も快適

上下左右の入力ができるカーソルキーの中心には決定ボタンを装備。ブラウザなどを使う際、片手でスクロールやポインタの移動に利用できます。

カーソルキーの上にAndroidの操作キーである「ホーム」「戻る」を配置しています。ファンクションキーと組み合わせて「カット」「コピー」「ペースト」の操作や、検索キーと組み合わせてブラウザ、メール、『Gmail』のアプリを起動するショートカットが利用できるのも便利。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。