ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『Xbox360』の改造でコピーしたゲームソフトが使用可能に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

前世代ゲーム機が全盛期だった数年前は、特殊な記録フォーマットだった『ドリームキャスト』や『ニンテンドーゲームキューブ』を除いて、『プレイステーション』や『プレイステーション2』などの本体改造が問題視されていた。本体を改造したハードは、パソコンでコピーしたゲームソフトをそのまま使用することができるのである。そう、本来はコピーガードではじかれるコピーソフトを使用できるようにしてあるのだ。

改造ハードやコピーソフトの市場はタイや中国、台湾がメインとなっており、特にタイでは改造したゲームハードが市場のほとんどを占めている。そう、タイ人の所得では数千円するゲームソフトを買うことはできないため、数百円で購入できるコピーソフトを購入しているのである。

しかし、最近の『PS3』や『Wi』i、『Xbox360』には強固なコピーガードが搭載されており、特に『PS3』に関して言えば、『Wii』や『Xbox360』のコピーガードが打ち破られた後も、いまだに改造が成功したという例は少ない。違法なハード改造ショップの店員は「『Xbox360』がいちばん改造しやすい」と語っている。しかし、ひとつ問題があるのだとか。

『Xbox360』を改造してコピーソフトが起動するようにしてしまうと、オンラインに接続できなくなる(またはコピーソフトが起動しなくなる)というのだ。『Xbox360』のゲームはオンライン機能があるからこそ楽しめるものが多く、オンラインにつなげられないとなると『Xbox360』の楽しさを100%楽しめなくなってしまう。

どちらにしても、ハードを改造することはきわめてグレーゾーンであり、コピーソフトの製造は違法性が極めて高いので、絶対に真似してはならない。違法なコピーソフトは、ゲーム業界に大きな損害をもたらし、良作ゲームの登場に支障が出るといわれている(このニュースの元記事はこちら)。
 

■ほかにもこんなゲームの記事があります
草なぎ剛の逮捕を再現できるゲーム!? 全裸で暴れるゲームが『2ちゃんねる』で話題に
ゲーム内容にムカついたらゲームソフトを割るのがナウい?
お金持ちになれる!? Flashゲームをビジネスにする7つの方法
マウスコンピューター『モンスターハンター フロンティア』対応ノートパソコン発売
エッチすぎ? 美少女キャラXbox360とPS3でパンツの布面積が違う!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。