体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

画面が『パックマン』だらけ? ユーザーが参加して世界最大のステージを作る『World’s Biggest PAC-MAN』

画面が『パックマン』だらけ? ユーザーが参加して世界最大のステージを作る『World's Biggest PAC-MAN』

説明不要の名作ゲーム『パックマン』。昨年で生誕30周年を迎えたこのゲームが、ブラウザで遊べるゲームとして公開されています。しかもワープゾーンでつながった300以上(4月13日現在)の広大なステージで遊べるというスケールがでかいもの。『World’s Biggest PAC-MAN』という名のとおり、“世界最大のパックマン”を目指してステージは拡大を続けています。

ブラウザでページを開くと、まず画面いっぱいにステージが表示されるのに驚かされます。画面をドラッグしたり、「NAVIGATOR」エリアに縮小表示されたステージ全体のマップから遊びたいステージのマスを選び、クリックするとプレイできます。『Facebook』アカウントでログインを求められますが、ただ遊ぶなら「PLAY FOR FUN」ボタンをクリックすればすぐにプレイ可能。

各ステージのプレイ画面

ゲーム内容はおなじみのパックマンで、4匹のモンスターから逃げながらすべてのドットを食べればステージクリア。パワーエサを食べれば立場が逆転してモンスターを食べることができます。画面の上下左右にはワープゾーンがあり、従来は左から出たら右から戻ってこれましたが、『World’s Biggest PAC-MAN』では隣接したステージに移動して新しくゲームがスタートします。ドットをすべて食べてステージクリアしたら、隣のステージに移動して次のゲームを遊びましょう。

ステージエディタで『ガジェ通』ステージを作成中

実はこれらのステージ、すべてユーザーが作成したもの。『Facebook』アカウントでログイン後、ステージマップの空き部分で「+」のマークが表示されている場所をクリックするとステージエディタが起動します。早速『ガジェ通』ステージを作ってみます。

鉛筆のマークを選ぶと壁が配置できるので、ドットをクリックして壁に変えていきます。隣り合った壁は自動的につながるので、迷路にしたり文字や絵を描くことも可能。壁をクリックしてドットに戻したり、消しゴムで何もない空間を作ったりしてステージをデザインしていきます。パワーエサを追加したり減らしたりして、ドラッグでパワーエサの位置を調整したらステージは完成。「ガジェ通 getnews.jp」の文字が描けました!「j」の文字にある点をパワーエサにしています。

実際の『ガジェ通』ステージ。苦労して描いた部分が四角になってしまいました

エディット中は随時、「PREVIEW」ボタンを押して実際にプレイを確認できます。戻るときは「BACK TO EDITOR」をクリック。さあ、どんなステージになったでしょう……あれ? 苦労して「通」の文字を描いたのに、ただの四角になってる! 勘のいい方はお分かりでしょうが、閉じた空間にエサがあって食べられないなど、ステージをクリアできないような条件にある場合は、自動でクリア可能なステージに調整してしまうのです。残念……。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。