ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅のテレビがパソコンに早変わり!魔法のデバイス「ComputerStick」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポートに差し込むだけで、自宅のテレビをWindows PCに変えてしまう。

そんな夢のデバイスが、Indiegogoに登場。予定金額の6倍以上の資金を調達し、話題を呼んでいる。

・技術の粋を極めた精緻なプロダクト

スティック型デバイス、「ComputerStick(コンピュータスティック)」は、言ってみれば極小サイズのパソコン。

USBメモリなみのボディの中に、パーソナルコンピューティング技術を取り入れた、画期的かつ精緻なプロダクトだ。

グラフィックス性能向上のため、最新のインテル、チェリートレイルアトムのチップセットを搭載。新しいWindows10オペレーティングシステムによって、競合製品をはるかに上回る速度で、Wi-Fiに接続される。

・ポートに差し込むだけ!マウスもキーボードも不要

使い方は簡単。このスティックを、モニターやテレビのHDMIポートに差し込むだけ。マイクロUSBによる給電で作動するので、充電も必要なしだ。

スティックが作動すると、テレビの画面はWindowsのモニターに切り替わる。マウスやキーボードは、用意しなくてもいい。

「ComputerStick」のモバイルアプリをダウンロードすれば、手持ちのスマホのタッチスクリーンを、マウスとして使用することができる上、入力もスクリーン上のキーボードで事足りる。ただし、希望があれば、普段から愛用しているマウスとキーボードを利用することも可能だという。

・40から110インチまで、さまざまなサイズのテレビに対応

HDMIポートさえ備わっていれば、40インチのリビング用から、110インチのプロジェクターまで、さまざまなサイズのテレビに対応する本品。

パソコンライフが劇的に変わること間違いなしの、便利品だ。

キャンペーンは、9月2日まで。支援は、125ドルから受け付け中。

ComputerStick/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP