体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「面白い映画はきちんとスクリーンにかけるべき」 いとうせいこう氏に『したまちコメディ映画祭』今年の注目作を聞いてみた

IMG_0450

文化芸術の街“上野”と喜劇発祥の地“浅草”を舞台に開催されるコメディ映画の祭典『したまちコメディ映画祭in台東』(通称:『したコメ』)。第8回を迎える今年は、9月18日(金)~22日(火・祝)に開催を予定しています。

ガジェット通信は『したコメ』の総合プロデューサーを務めるいとうせいこう氏にインタビューを実施し、今年の注目作や映画祭への想いなどについてお話を聞いてきました。

『したまちコメディ映画祭』とは

――今年で第8回を迎える『したまちコメディ映画祭』ですが、総合プロデューサーとして携わることになったキッカケを改めてお伺いできますでしょうか。

いとうせいこう:もともとは台東区フィルム・コミッションの委員を務めていて、映画のロケ誘致を通じて地域の活性化を目指した活動をしていました。でもある時、映画の撮影を誘致するより映画祭を開催した方が手っ取り早いと思い付いて、一緒に活動していた井上ひさしさんが「せっかく浅草でやるならコメディ専門がいいよ」とアドバイスをくださったのがキッカケです。下町の人は気が早いからトントン拍子に話が進んで第1回の開催に至って、気付いたらもう第8回ですよ。

――もともと映画祭が根付きやすい土壌があったということですね。

いとうせいこう:浅草・上野は江戸時代から寄席文化が盛んだったわけだし、日本初の常設映画館が設立されたのも浅草電気館。古くから劇場がひしめいていて、映画祭を開催するにはもってこいの場所だと思っていました。そんなきちんとしたバックグラウンドを持ちつつ、さらにジャンルをコメディに絞ったのは地元の人も理解しやすかったんじゃないかな。企画には十分な“納得”が必要じゃないですか。

――『したコメ』は日本未公開の面白い映画を招聘する役割としても大きいですよね。2009年に『ハングオーバー!』を上映した時点で、日本ではDVDスルーされる予定の作品だったとは今でも信じられません。

いとうせいこう:『ハングオーバー!』もそうだし、2010年の『きっと、うまくいく』もそうだよね。本当に誰もマークしていなかったもん! 面白い映画はきちんとスクリーンにかけるべき。『したコメ』をキッカケにして、そんな流れができていくのが我々の理想です。

――スターが出演していない低予算のコメディは、なかなか日本で上映されにくい環境ですよね。有名俳優が出演していても、今年で言えば、一時期話題になった『ジ・インタビュー』や全米大ヒットの『22ジャンプストリート』ですら劇場公開されていない状況です。

いとうせいこう:自分たちは面白いと思っていてもシネコンの時代には限られた大作しか上映できない、そんな“じくじたる思い”を抱えている人たちがたくさんいるハズなんだよね。僕らが良い映画を選んで、配給会社と折衝しながら観客に届けることである種のムーブメントを作っていきたいです。枠は限られているけど、できるだけ『したコメ』で扱っていきたいですよ。過激な作品も含めて、くまなく目を光らせているので。もう自分で認めちゃうけど、今回の『グリーン・インフェルノ』なんてコメディじゃないんだよね(笑)。

『グリーン・インフェルノ』

<『グリーン・インフェルノ』ストーリー>
環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。