体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

爆発的な美味さ! 相模原で『馬のにぎり寿司』を食す! @『焼肉はせ川』小田急相模原

basa-1_R

米軍補給廠の”爆発事故”で世間を騒がせている神奈川県相模原市。

その片隅にある『小田急相模原駅』”通称オダサガ”と呼ばれるローカルに”史上最強の焼肉屋さん”がある事は、さんざんアピールして来ましたが、まだ知らない人の為にあえて言おう!

「焼肉はせ川を超える焼肉屋は存在しない!」

何度通っても決して制覇出来る気がしないメニューの数々、超絶に美味い高級和牛を炭火で食べる喜び、圧倒的なボリュームで全てを駆逐するサイドメニューの数々、どの部分を切り取っても全てが”規格外”のアルティメットスタイル……。

焼肉界の『カール・ゴッチ』と呼ばれる『焼肉はせ川』に、今回も瀕死になった筆者で御座います。

『ポテトサラダ』(100円)

basa-6_R

筆者は『焼肉はせ川』(完全予約制)に訪れると必ず『ポテトサラダ』を頼みます。毎回頼むので、きっと今ごろは「ポテトおじさん」のあだ名が付けられている事でしょう。

『焼肉はせ川』の『ポテトサラダ』はいつも美味しくて、しかも二種類の味で盛り合わせてある事が多いので、ポテサラマニアもきっと満足出来ると思います。

ちなみに、筆者は”100円”だから食べたいって訳ではなく、本当に心の底からポティトゥを欲している点だけは強調しておきたいですね。

『柔らかヒレ肉』(1580円)

basa-5_R

最近、あまりに『焼肉はせ川』で高級な和牛をリーズナブルに食べてしまった為、一切ほかの焼肉屋さんには行けなくなってしまった自分がいます……。

とにかくメニュー全般檄安な『焼肉はせ川』ですが、本当にお得(原価に近い)なのは高級和牛シリーズです。

ちなみに筆者も希少部位を含め、一通り食べてみましたが、どれも美味しく失敗した試しがありません。

basa-2_R

しかし、そんな中でも頭ひとつ抜けた存在の肉があります。

「国産高級和牛 ヒレ肉」

多くの焼肉マニアを『焼肉はせ川』に連行して来た筆者ですが、一番感動したとの声が多かったのが”ヒレ肉”でしたね。

実際に筆者も、このA4、A5クラスの国産和牛を使った”ヒレ肉”は超絶に美味しいと思います。

しかも今回は『柔らかヒレ肉』(A5)と壁に貼ってあるので、かなり美味しい肉だったと思われます。

basa-10_R

そんな素晴らしい究極の肉を、この厚切りで食べる事の幸せ……。

これを知ったらもう後戻りは出来ません。

『牛タン 並』(800円)

basa-7_R

「牛タン無くして焼肉は始まらない」

まず”焼肉の作法”で一番大事な事ですので説明させて頂きますが、最初は網の汚れない肉から焼くのがセオリーです。

なので塩で食べる事の多い”牛タン”を最初に焼けと言われているのです。

いきなりホルモンで網を燃やしたり、タレの焦げを網に残すタレ系を焼くのは粋じゃありません。

basa-9_R

では、なぜ今回は『柔らかヒレ肉』を先行させたのでしょうか? ヒレは脂も少なく網に張り付きやすい部位でもあります。

しかし、今回はサイドメニューにターゲッティングしているので肉は控える方向なので、網のコンディションよりも

「肉の美味しさ」

を重視したのです。タン、ヒレ、サーロインでは”舌肉肉”となり、ちょいと味の変化が乏しいですよね?

なので網に張り付くリスクを背負ってでも、あえてヒレから攻めた次第です。

なお、今回は友人に『上 牛タン』(950円)以外に、普通の牛タンも食べてみて欲しかったので、あえて『並 牛タン』(800円)にしてみました。

結果、これでも全然美味しいし、まったく問題ないとの意見で一致しました。

『サーロインステーキ』(A5 1580円)が神だった件

basa-3_R

そして、ある程度『焼肉はせ川』に通い慣れてくると、自分達が食べたい肉の他に、必ず店主オススメの肉をオーダーに入れます。

すると、その日一番美味しそうな極上の肉を出してくれるので、特にコダワリがなければ店主のオススメは食べておくべきです。

この日は『サーロインステーキ』がイケてるとの事で、早速注文してみました。

個人的には『焼肉はせ川』の場合、どの肉もステーキカットばりの極厚で出てくるので、さしてステーキ感を欲してはいなかったのですが、出てきた『サーロインステーキ』を見て自分の過ちを気づかされました……。

「厚さ1インチ以上からがステーキである」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。