体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狂った面白さに映画ファンは虜! 『ナイトクローラー』監督インタビュー「終わりないバイオレンスを撮りにいく」

nc_main_large

まだハリウッドが取り上げたことのないテーマを、センセーショナルかつリアルに描き、全米で大ヒット。ジェイク・ギレンホールの恐るべき怪演に注目が集まっている映画『ナイトクローラー』が8月22日より全国公開中。「恐ろしいほど面白い!」と映画ファンの間で話題となっています。

【独占】映画『ナイトクローラー』本編映像解禁! 間髪入れずにペラペラ……主人公“ルイス”はあなたの周りにもいるかも?
http://getnews.jp/archives/1092246 [リンク]

我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気に満ちた怪演により日本で早くも絶賛の声が相次ぎ、ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来とも言われている。アカデミー賞ノミネート、米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%といった高い評価を得た本作。

この緻密かつスリリングな脚本を書きあげたのが、ダン・ギルロイ監督。『落下の王国』(06)、『リアル・スティール』(11)などの脚本を担当。この『ナイトクローラー』ではアカデミー脚本賞にノミネートされています。今回はダン・ギルロイ監督に電話インタビューを敢行。映画について色々とお話を伺ってきました。

nc_sub3_large

映画ファンが唸った! 見事な脚本について

―『ナイトクローラー』は見た人全てが唸ってしまう見事な脚本だと感じました。ズバリ、優れた脚本を書く為に一番大事な事とはどんな事だと思いますか?

ダン・ギルロイ監督:いい質問だ。大事なのはまず他の人が聞いたことのないアイディアをみつけることだ。そしてキャラクター、記憶に残るような。その登場人物がすきだろうと嫌いだろうとその人間と一緒にすごしたいと思うような人間だ。いい人、悪い人ではなく、目が離せなくなるような。悪いのに引き込まれる人っているよね。実際に書くことについては、何かに優れるようになるにはなんだって時間がかかるんだ。今回のような脚本を書けるようになるには僕においては何年もかかった。最初のころだったらこういうふうに物語を語ることができなかったと思う。このアイディアで観客とコミュニケーションとる能力がなかった。なにごとにも優れるには努力も必要なんだ。

―ルーには共感できないまでも彼の心情は理解できました。むしろ恐ろしかったのはニーナの方です。本来、公正であるべきはずの報道番組のディレクターが、自分が組み立てたストーリー通りの映像をルーに撮影させ、ニュースで流そうとする。すでに“情報操作”が始まっている。日本でも“やらせ”や虚偽報道などがしばしば問題になっていますが、こうしたメディアの質の低下に対する警鐘を鳴らす意図もあったのでしょうか。

ダン・ギルロイ監督:ひとつの側面だね。ニーナのような人はどの国にもいるだろう。ニュース部門の責任者。数週に一度視聴率があがってくる。ボスから電話がかかってきて視聴率あげないと仕事失うぞと怒鳴られる。テレビのディレクターとして視聴者が経済的なことや政治的なことを延々みてられないことを知っている。短くて暴力的で「あれテレビでみた?」といわれるようなものが求められているんだ。

ニーナは、いまや競合となったインターネットに負けないようすごいプレッシャーにさらされている。今のニュース番組の競争はより激化していてもっと刺激的なものを求められている。物語をつくりあげろ。でっち上げろ、という圧力。ニーナとはそんなキャラクターだと捉えている。ニーナはとにかく切羽詰まった女性だ。昔はいい悪いを判断してたが、今は自分に保険をかけないといけない年になってるんだ。一生遊ぶ金はなく、生きるために働く必要がある。仕事を失うことを何よりも恐れているんだ。そういう切羽つまって、今夜流すネタを必死で探しているような人は、世界中のニュースの現場にはたくさんいると思う。

―『ボーン・レガシー』もそうですが、本作は日常に潜むスリルやサスペンスをリアルに描いています。監督が普段の生活で、そういった恐怖を感じる事があるのでしょうか?

ダン・ギルロイ監督:ルーを意図的に人間らしく撮ったんだ。人と同じように認められたい、仕事を高めたい、となりにいる普通の人と変わらない。観客に「あいつはこんなことをしてるのは、あいつが狂ったサイコパスだからだ」と思われて、だから自分とは関係ないと線をひかれてしまったらそこで終わってしまう。自分やあなたもルーになりうる、日常に潜んでいることを伝えたかったんだ。
ルーのようなやり方で、成功のためには倫理をおかし、部下から搾取しても罰を受けず成功できてしまうのがハイパー資本主義の現代だと思っていて、そんな今の世界を憂いて警鐘を鳴らしているんだ。

―アカデミー賞脚本賞にノミネートされたときの気持ちと、ノミネートがあなたにもたらしたものを教えてください。

ダン・ギルロイ監督:すごく変な気持ちだった。他の賞にもいろいろノミネートされて、いろんな受賞式にみんなで出席したりした。賞のために映画をつくったわけでないから驚いたよ。感謝している。そしてアカデミー賞ノミネーションで自分の名前が呼ばれたときはただ驚いた。オーマイゴッド。素晴らしいことなんだけど、なんというか非現実的で実感が沸かないというか、変な感じだった。自分ではない誰か他人に起こってることのように思ったよ。

―これまで様々な作品の脚本を執筆なさっていますが、今回自ら映像化しようと思った決定的理由を教えてください。

ダン・ギルロイ監督:監督はやりたいと思っていた。ここ数年自分が書いた脚本と違う解釈で撮られる作品をみたりして自分の意図通りにとってみたいと思っていた。本作は自分にとってパーソナルな作品でほかの監督には映像化できない、してほしくないと思ったんだ。予算が800万ドルで撮影は26日間しかない、という中での仕事はギャンブルだったと思うが、自分はプレッシャーや制約に強いほうだから。ナイトクローラーには強い思いが詰まっていたんだ。この世界への警鐘を鳴らしたいと思ったんだ。
自分にとってパーソナルな脚本ができたらまた監督やってみたいと思っている。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。