ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さらに牡蠣を増量した限定ラーメン『牡蠣の冷やし味噌そば』を食す @『貝ガラ屋』相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

あの貝出汁を使ったラーメンを得意とする『貝ガラ屋』が、夏の限定冷やしラーメンとして
『牡蠣の冷やし味噌そば』
を出して来たので食べに行ってみました。今回は『貝ガラ屋』にしては珍しく“味噌ラーメン”で来たのは意外ですが、筆者も好きな“牡蠣”を大量に使用したラーメンとの事なので期待していまいます。

『牡蠣の冷やし味噌そば』を食す!

前回の限定ラーメン『牡蠣冷やしラーメン』も実に『貝ガラ屋』らしいラーメンで、得意の牡蠣の旨みをがっちり感じる事の出来る実に美味しいラーメンでした。

今回はそれを進化させ、さらに牡蠣を追加し“ドロそば”くらいまでの濃厚さを出したとの事で、これは牡蠣好きには堪らないラーメンですね。
と、言う訳で迷う事も無く券売機で“限定800円ボタン”を押して食券を購入しました。
結果、筆者の前に『牡蠣の冷やし味噌そば』がやってきました。

さらに濃度が増した牡蠣の風味

いつも『貝ガラ屋』に入ると貝の良い香りに包まれますが、今回も牡蠣の香りが充満していました。
「冷やしラーメンで、この香り……どんだけですか!」
熱いスープのラーメンであれば、そのスープの香りが立つのは当たり前ですが、スープの冷たい“冷やしラーメン”でここまで牡蠣の香りが立つのは凄いですね。

スープを啜ると、その牡蠣独特の風味が口中に広がります。これは前回のスープよりも、確かに牡蠣感がパワーアップしていますね。
っていうか、あまりに牡蠣が強いので“味噌ラーメン”である事を忘れてしまうくらいです。

麺は細麺でスープとの相性も良し!

今回も麺は今までの”限定冷やしラーメン“と同じ細麺を使っていますが、茹で方を変えているらしいです。
なんでも前回よりも長く茹でる事で、麺のボリュームと存在感を増してみたとの事。
普通に考えれば“時間を長めに茹でる”と言うのは、マイナス要素に思えますが、今回の麺も仕上がりはバッチリでした。
ここら辺は麺の特製もありますが、冷やしラーメンなので水で麺を締める為に、ある程度の余裕があると言う事でしょう。
今回はさらに強いスープになっているので、この手法は正解な気がしますね。前回と同じ麺の茹で方だったらスープが立ち過ぎてしまいます。

和のテイストを盛り込んだ具材

そして今回、筆者が特に感心したのは、いつもと違う具材の数々です。
『牡蠣の冷やし味噌そば』には“冷や汁風”と言うテーマも隠されていて、これらの具は“冷や汁”を意識したらしいです。なので
「豆腐、刻み生姜、柴漬け、胡瓜、青海苔」
と言うラーメンにしては変わった具材がプラスされています。いつもと同じなのは美味しいメンマと、低温調理でしっとり仕上げられたチャーシューくらいでしょうか?

個人的には“豆腐”も面白かったのですが、やはり“柴漬け”のインパクトが良かったですね。

かなり牡蠣の強く出た“濃厚な冷やし味噌ラーメン”なのですが、最後に加えられる“ライムオイル”と“柴漬け”のおかげで、意外とクドくないラーメンになっています。

特に“柴漬け”は食感的にもアクセントになるので、この『牡蠣の冷やし味噌そば』にはベストだと思いました。

『牡蠣の冷やし味噌そば』 総評

前回の『牡蠣冷やしラーメン』も大変美味しゅう御座いましたが、今回の『牡蠣の冷やし味噌そば』も魅力的なラーメンでした。
より牡蠣の旨みが強くなっていて、昔の『汁なしオイスター』に匹敵する牡蛎感です。
そして個性的な具材と、茹で方をアレンジしてスープに合わせた麺も素晴らしく、まさに『貝ガラ屋』の真骨頂と呼べる美味しいラーメンに仕上がっています。
とにかく「牡蠣を使ったラーメン」に少しでも反応した人は、是非ともこの機会に『貝ガラ屋』のラーメンを味わって欲しいですね。
いつも『貝ガラ屋』の限定ラーメンは、期間も短めなので筆者が記事を書いた頃には“事後報告”みたいな感じになってしまっていましたが、前回と今回は二週間近く提供されています。
平日は12食、土日20食の限定で“8月30日の日曜日”まで提供されるので、まだまだチャンスはあります。
是非、みなさんも『貝ガラ屋』の美味しい『牡蠣の冷やし味噌そば』を食べてみて下さい。

『貝ガラ屋』

神奈川県相模原市 中央区淵野辺本町 3-24-3
マンション色利 1階

営業時間 11:30~15:30 18:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP