体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さらに牡蠣を増量した限定ラーメン『牡蠣の冷やし味噌そば』を食す @『貝ガラ屋』相模原

kaimiso-1_R

あの貝出汁を使ったラーメンを得意とする『貝ガラ屋』が、夏の限定冷やしラーメンとして
『牡蠣の冷やし味噌そば』
を出して来たので食べに行ってみました。今回は『貝ガラ屋』にしては珍しく“味噌ラーメン”で来たのは意外ですが、筆者も好きな“牡蠣”を大量に使用したラーメンとの事なので期待していまいます。

『牡蠣の冷やし味噌そば』を食す!

kaimiso-9_R

前回の限定ラーメン『牡蠣冷やしラーメン』も実に『貝ガラ屋』らしいラーメンで、得意の牡蠣の旨みをがっちり感じる事の出来る実に美味しいラーメンでした。

hiyakaki-1_R

今回はそれを進化させ、さらに牡蠣を追加し“ドロそば”くらいまでの濃厚さを出したとの事で、これは牡蠣好きには堪らないラーメンですね。
と、言う訳で迷う事も無く券売機で“限定800円ボタン”を押して食券を購入しました。
結果、筆者の前に『牡蠣の冷やし味噌そば』がやってきました。

さらに濃度が増した牡蠣の風味

kaimiso-2_R

いつも『貝ガラ屋』に入ると貝の良い香りに包まれますが、今回も牡蠣の香りが充満していました。
「冷やしラーメンで、この香り……どんだけですか!」
熱いスープのラーメンであれば、そのスープの香りが立つのは当たり前ですが、スープの冷たい“冷やしラーメン”でここまで牡蠣の香りが立つのは凄いですね。

kaimiso-6_R

スープを啜ると、その牡蠣独特の風味が口中に広がります。これは前回のスープよりも、確かに牡蠣感がパワーアップしていますね。
っていうか、あまりに牡蠣が強いので“味噌ラーメン”である事を忘れてしまうくらいです。

麺は細麺でスープとの相性も良し!

kaimiso-7_R

今回も麺は今までの”限定冷やしラーメン“と同じ細麺を使っていますが、茹で方を変えているらしいです。
なんでも前回よりも長く茹でる事で、麺のボリュームと存在感を増してみたとの事。
普通に考えれば“時間を長めに茹でる”と言うのは、マイナス要素に思えますが、今回の麺も仕上がりはバッチリでした。
ここら辺は麺の特製もありますが、冷やしラーメンなので水で麺を締める為に、ある程度の余裕があると言う事でしょう。
今回はさらに強いスープになっているので、この手法は正解な気がしますね。前回と同じ麺の茹で方だったらスープが立ち過ぎてしまいます。

和のテイストを盛り込んだ具材

kaimiso-5_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy