ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活での出会いをキッカケに恋に落ちる「リクラブ」 入社後も交際続け、結婚までいく人も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

憂鬱になりがちな就職活動。でもインターンシップや説明会、選考などで、今まで出会わなかった人とも出会う機会が広がるメリットもある。そこから恋愛に発展する「リクラブ」について、就活生の40%は「あり」と考えているとのことだ。

就活と恋愛の両立は難しく、付き合ったものの「別れてしまった」というケースも多いが、中には「リクラブ」をきっかけに結婚まで進む人も。編集部では来年挙式を控えているというAサン(女性・25歳)に話を聞いた。
きっかけは就活セミナー インターンで仲良くなるケースも

Aサンとお相手のBクンが出会ったのは、学生団体が主催する就活セミナー。お互い違う大学に通っており、それまで接点はなかった。セミナーでは2日間にわたって行われた「就活模擬体験講座」で一緒のチームになり、ESの添削や自己PRの練習をしあったという。

セミナーでは実際の人事担当者を招いて模擬面接を行い、チーム毎に「模擬内定数」を競い合うイベントも。チームで協力していく中で自然に仲良くなり、その後交際に発展した。Aサンには、Bクンは頼りがいのある男性に映ったようだ。

就職活動ではAサンは人材業界、Bクンは電機メーカーと違う企業に就職したが、社会人になってからも交際は続いた。交際期間は今年12月で丸5年。来年挙式予定だという。

モデルプレスの「一生に一度はしたい“リクラブ”体験談5つ」にも、「同い年の彼のスマートな進行に胸キュンしてしまいました」「緊張する中で、ちょっとした安心感が恋心になりました」といった女性の声が取り上げられている。

ちなみに「リクラブ」が多く発生するのは、1週間程度の「中期のインターンシップ」というアンケート結果もある。2017卒向けのインターンシップはすでに始まっており、もう恋が芽生えた人もいるかもしれない。ネットには「インターン初日でもうリクラブ何件も見るとか驚愕」といった投稿も見られる。

あわせてよみたい:就活と並行で「婚活」するのもありかも?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP