体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

辛いが旨い!町田を代表する混ぜ麺『狼煙』を食べてみた @『辛麺 真空』東京都町田市

sin-no1_R

最近「町田のラーメンレベルが意外にキテるんじゃないのか?」と思い始めた筆者ですが、今ここに発表します。

「今、町田のラーメンが熱い!」

まあ、ラーメンは基本的に熱い食べ物ですが、ここ数年の町田の進化っぷりは目を見張るモノがあります。

と、言う訳で筆者が注目する町田の名店『辛麺 真空』を紹介してみましょう。

『辛麺 真空』

sin-no13_R

町田でナンバーワンのラーメン店を挙げろと言われると、多くの人が塩ラーメンで有名な『進化』の名を挙げますが、確実に数人は『辛麺 真空』を薦めると思います。

そのくらい好きな人には“ハマるラーメン”と言う事でしょうか? そんな個性的な『辛麺 真空』のラーメンは基本の三種類で構成されています。

豚一頭、色々な部位を使って出汁を取った、濃厚豚骨辛麺『山』

三重県産のアサリと昆布、サバ節を軸に海の幸で構成された『海』

『山』で使われるスープをベースに“混ぜ麺”に昇華させた『狼煙』(のろし)

この三強の個性的なラーメンを軸に、様々な“期間限定ラーメン”を提供している町田の名店です。

『狼煙』(大盛り)を食す!

sin-no2_R

そして、何気に暑い2015年の夏ですが、こういう時こそ「辛いモノを食べて元気を付けよう!」と思った次第です。気持ちも高らかにJR横浜線に乗って町田駅を目指します。

しかし!

あまりの暑さで駅から至近距離にある『辛麺 真空』に辿り着く頃には

「もう暑いし、涼しいラーメンでいいんじゃね?」

みたいな気分になっていました。まあ、こういう日の為にスープレスの“混ぜ麺”が世にあるのですから、ココはひとまず『狼煙』(950円)を食券機で購入。

ちょっと“お高い”気がしないでもありませんが、この『狼煙』を頼むと“麺大盛り”もしくは“ライス”がサービスされるので、総合的に考えると普通かなと思います。

結果、この『狼煙』が筆者の前に召喚されました。

『辛麺 真空』の店名でもお察しですが、この『辛麺 真空』のラーメンは基本的に“辛いラーメン”となっております。

なので、こうなる予感はしていたのですが、正直36度の猛暑日に食べるには、ちょいと辛すぎる予感なビジュアルですね……。

言うなれば極道映画の名作『仁義なき戦い』の豪華キャストで月9のドラマをやるようなモノで、この写真は暑苦し過ぎます……コッテコテです。

豚の角切りと呼べる極厚チャーシュー

sin-no3_R

その強烈なビジュアルに負けて、危うく写真を撮る前に混ぜてしまいそうになった筆者ですが、そこは一応プロなので冷静に丼の様子を見守ります。

まず、注目すべきはチャーシューで、いわゆるチャーシューと言うよりは“豚の角切り”的な何かです。

かなり柔らかく煮こまれていて、箸でも簡単に崩れそうな感じです。

しかし、そのゴロっとしたチャーシューの存在感は絶大で、あの任侠映画の歴史的傑作『仁義なき戦い』で言えば、山守組の若頭を演じた『松方弘樹』と言った感じです。

『狼煙』の世界を全て牛耳る極太の麺!

sin-no4_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy