ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辛いが旨い!町田を代表する混ぜ麺『狼煙』を食べてみた @『辛麺 真空』東京都町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

最近「町田のラーメンレベルが意外にキテるんじゃないのか?」と思い始めた筆者ですが、今ここに発表します。

「今、町田のラーメンが熱い!」

まあ、ラーメンは基本的に熱い食べ物ですが、ここ数年の町田の進化っぷりは目を見張るモノがあります。

と、言う訳で筆者が注目する町田の名店『辛麺 真空』を紹介してみましょう。

『辛麺 真空』

町田でナンバーワンのラーメン店を挙げろと言われると、多くの人が塩ラーメンで有名な『進化』の名を挙げますが、確実に数人は『辛麺 真空』を薦めると思います。

そのくらい好きな人には“ハマるラーメン”と言う事でしょうか? そんな個性的な『辛麺 真空』のラーメンは基本の三種類で構成されています。

豚一頭、色々な部位を使って出汁を取った、濃厚豚骨辛麺『山』

三重県産のアサリと昆布、サバ節を軸に海の幸で構成された『海』

『山』で使われるスープをベースに“混ぜ麺”に昇華させた『狼煙』(のろし)

この三強の個性的なラーメンを軸に、様々な“期間限定ラーメン”を提供している町田の名店です。

『狼煙』(大盛り)を食す!

そして、何気に暑い2015年の夏ですが、こういう時こそ「辛いモノを食べて元気を付けよう!」と思った次第です。気持ちも高らかにJR横浜線に乗って町田駅を目指します。

しかし!

あまりの暑さで駅から至近距離にある『辛麺 真空』に辿り着く頃には

「もう暑いし、涼しいラーメンでいいんじゃね?」

みたいな気分になっていました。まあ、こういう日の為にスープレスの“混ぜ麺”が世にあるのですから、ココはひとまず『狼煙』(950円)を食券機で購入。

ちょっと“お高い”気がしないでもありませんが、この『狼煙』を頼むと“麺大盛り”もしくは“ライス”がサービスされるので、総合的に考えると普通かなと思います。

結果、この『狼煙』が筆者の前に召喚されました。

『辛麺 真空』の店名でもお察しですが、この『辛麺 真空』のラーメンは基本的に“辛いラーメン”となっております。

なので、こうなる予感はしていたのですが、正直36度の猛暑日に食べるには、ちょいと辛すぎる予感なビジュアルですね……。

言うなれば極道映画の名作『仁義なき戦い』の豪華キャストで月9のドラマをやるようなモノで、この写真は暑苦し過ぎます……コッテコテです。

豚の角切りと呼べる極厚チャーシュー

その強烈なビジュアルに負けて、危うく写真を撮る前に混ぜてしまいそうになった筆者ですが、そこは一応プロなので冷静に丼の様子を見守ります。

まず、注目すべきはチャーシューで、いわゆるチャーシューと言うよりは“豚の角切り”的な何かです。

かなり柔らかく煮こまれていて、箸でも簡単に崩れそうな感じです。

しかし、そのゴロっとしたチャーシューの存在感は絶大で、あの任侠映画の歴史的傑作『仁義なき戦い』で言えば、山守組の若頭を演じた『松方弘樹』と言った感じです。

『狼煙』の世界を全て牛耳る極太の麺!

“混ぜ麺”の主役と言えば、なんと言っても麺でしょう。この麺の出来ひとつで”混ぜ麺”としての評価が決まります。

『狼煙』に使われる麺は極太麺で、その存在感は圧倒的…

製麺機から生まれた時には“四角い断面”の極太麺ですが、数日の熟成を経て、麺茹でされた姿はふっくらと丸くなっています。

しかし、その内側は国産小麦の力強さが芯にあり、食べる者を試すかのような弾力のある個性的な麺です。

のちにシリーズ化された『仁義なき戦い』で例えるなら、全ての黒幕となる山守組の組長を演じた『金子信雄』ばりの存在感です。

『狼煙』の味を決める超絶濃厚激辛スープ

豚骨スープの濃度をさらに上げた感じの『狼煙』のスープは、まさに『辛麺 真空』を代表する豚骨スープです。

このギットギトのコッテコテな濃厚スープは、ちょっとやそっとの辛さでは負けません。

一見、そのグラフィックから「辛いだけのラーメン」と思われがちな『辛麺 真空』ですが、実はスープの旨さはピカイチだったりします。

まさに「辛さの中に美味さがある」と言ったスープで、この味付けが熱烈なファンを生み出すのでしょう。

なんとなくノリで“激辛”と書いてみましたが、正直なところ辛さは控えめですので、辛いモノが好きな人は卓上調味料の“カイエンペパー”などを駆使するのも良いかと存じます。

『辛麺 真空』の極太麺の個性に対抗出来る唯一のスープ。あの史上最強の映画と言われる『仁義なき戦い』で言えば、土居組から山守組に寝返った『若杉寛』を演じた『梅宮辰夫』ばりの個性派スープです。

『狼煙』の全てに革命をもたらす生卵

それぞれが強烈な個性を持つ『狼煙』を、ひとつにまとめるのが生卵の存在です。いや、まとめると言うよりは関わると言った感じでしょうか?

いかに濃度の高いスープと言えども、普通は極太の麺には絡みきれません。

しかし!

この生卵を仲介する事で、それぞれの具材とスープが良く絡み、ひとつの“混ぜ麺”として完成するのです。

この生卵が加わる事でスープや麺にコクが加わると同時に、極悪な辛さがマイルドになります。

日本映画史上最高の傑作と言われる『仁義なき戦い』で言えば、まさに主役ばりの存在と呼べる『広能昌三』を演じてブレークした『菅原文太』が該当します。

『狼煙』で唯一の癒しアイテム茹でキャベツ

全てが「辛い、ぶっ濃い、極太極厚」で構成される『狼煙』で唯一の癒し系アイテムが“茹でキャベツ”です。

口の中が辛くなり過ぎた時に水を飲むのは素人で、通はこの“茹でキャベツ”をタイミング良く含む事で、自分の中の“辛さメーター”を限界一歩手前に保ちます。

全米が涙した『仁義なき戦い』で例えるなら、次から次へと男を乗り換える『新庄秋子』を演じた『渚まゆみ』になります。

まさかの隠れキャラ、スライスチーズの存在感

全ての具材が強烈で、ぱっと見た感じは存在感の薄いスライスチーズですが、その役割は重大です。

香ばしくバーナーで炙られたチーズは、麺の余熱で液状化します。

しかし完全に溶け込まず、丼のあちこちに隠れた存在として極太麺に絡み、時に辛さを和らげる癒しキャラとして、時にチーズのコクが主張する個性的なキャラとして活躍します。

任侠スペクタクル超大作『仁義なき戦い』に例え(略

とにかく混ぜろ! 話はそれからだ

麺が熱いうちに素早く混ぜましょう。麺の余熱で生卵が半熟状になり、より絡みやすくなります。

この時の混ぜ方ですが、この『狼煙』の美味しさを100%引き出す為には、混ぜ方にも掟があります。

「極太麺を上下に返す!」

上下に返す事を繰り返し、重力の力を借りてスープを麺に絡めていきます。

あと素人はどうしても混ぜ過ぎる傾向がありますが、あまり完全に混ぜてしまうと、味の変化が乏しくなるので、適度な混ぜ加減で和えるのが正解かと存じます。

『狼煙』 総評

とにかく強烈な印象の『狼煙』ですが、その味わいは意外とマイルドで、スープの旨みが強く出ています。

ただただ辛いだけではない『辛麺 真空』の『狼煙』は、その個性の裏に隠された”ラーメンとしての旨さ”が芯にある事を強調したいですね。

そして力強い極太麺と濃厚スープをまとめる生卵、隠れたチーズの役割も大きいです。

これらが一体となって町田を代表する“混ぜ麺”の『狼煙』となります。

若干、分かりやすく『仁義なき戦い』に例えた結果、逆に分かりにくくなった感は否めませんが、そのくらい個性のある具材がひとつになった時、この『狼煙』となるのです。

辛いモノ好きな人には勿論、ぶっ濃い目の濃厚”混ぜ麺”を欲する人には、まさに至高の『狼煙』で御座います。

是非、みなさんも町田に来て『狼煙』を食べてみて下さい。その美味しさは病みつきになると思いますよ。

『辛麺 真空』

東京都町田市 原町田4-1-5 ハイストーンⅡ

営業時間 11:30~15:00 18:00~22:30
土日祝日 11:30~21:00

定休日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日休み)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。