ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フェイリュア 19年ぶりの新作を10月に日本リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 90年代のグランジ/オルタナ・シーンで活躍したフェイリュアの19年ぶりとなるスタジオ・アルバム『ザ・ハート・イズ・ア・モンスター』が、10月14日に日本リリースされる。

 1990年に米ロサンゼルスでケン・アンドリュース、グレッグ・エドワーズ、ロバート・ガウスの3人によって結成。スティーヴ・アルビニとともにレコーディングされた1stアルバム『Comfort』で1992年にデビュー、1994年には2ndアルバム『Magnified』をリリース。ドラマーにケリー・スコットを迎え1996年に発表した3rdアルバム『Fantastic Planet』は、伝説的な名盤として語り継がれ、ア・パーフェクト・サークルやパラモアが同アルバムの楽曲をカヴァーしたことも記憶にも新しい。アルバムのリリース後、現在クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジで活動するトロイ・ヴァン・リューウェンがギターとして加入。4人編成でツアーを行うも、1997年11月、バンドは解散を公式に発表。

 解散後、ケンはプロデューサーやレコーディング・エンジニアとしてその才能を発揮、ナイン・インチ・ネイルズやジミー・イート・ワールドなどを手掛けている。またグレッグとケリーも幾つかのバンドで活動し、音楽活動を続けてきた。そして2013年にケン、グレッグ、ケリーのトリオ編成で再結成を発表。3人は新作のレコーディングを試みる為にスタジオに入り、2014年2月には17年の沈黙を破りロサンゼルスで1回きりのライヴを決行。ライヴが即完し、大評判となったことで、北米ツアーに発展、中にはトゥールとのツアーも含まれていた。

 彼らの19年ぶりとなるスタジオ・アルバム『ザ・ハート・イズ・ア・モンスター』には、3人に加え、元メンバーであるクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのトロイもギターで4曲に参加。アルバムについて、「僕らは『Fantastic Planet』で中断してしまった音楽的な力やクリエイティヴィティを完全な形にしてカムバックしたかった。その為、スタジオで色々な実験をしなくてはならなかった。2013年頃の話だよ。スタジオでの数か月間、僕らはとても良い時間が持てた。また、その時間によって得られた結果にも満足している。そして、その結果こそがフェイリュアなんだ。」と話している。既にアメリカでリリースされている今作は米ビルボード・オルタナティヴ・チャートでバンドにとって最高位の11位を記録。現在バンドは、全米ツアーを行っている。

◎『ザ・ハート・イズ・ア・モンスター』トラックリスト
01. Segue 4
02. Hot Traveler
03. A.M. Amnesia
04. Snow Angel
05. Atom City Queen
06. Segue 5
07. Counterfeit Sky
08. Petting the Carpet
09. Mulholland Dr.
10. Fair Light Era
11. Segue 6
12. Come Crashing
13. Segue 7
14. The Focus
15. Otherwhere
16. Segue 8
17. I Can See Houses
18. Segue 9

◎『ザ・ハート・イズ・ア・モンスター』
フェイリュア
2015/10/14 RELEASE
2,100円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

KISSジーン・シモンズ宅へ家宅捜索令状……本人・家族に容疑者ナシ?
『ウッドストック』サントラの表紙に写る男女2人、46年後の今もその愛続く
ドノヴァンのトリビュート・アルバムより「ハッピネス・ランズ」公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP