体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

震災と原発事故の理解にむけて各出版社が無料公開した書籍&雑誌まとめ

丸善出版ウェブサイトより

東日本大震災と福島第一原発事故。いずれも「今、何が起きているのか」「何をするべきか」を考えるために、ある程度の知識が必要です。実際に、書店では原子力や放射能関連の書籍が売れており、「知りたい」「理解したい」という関心の高さがうかがわれます。このようなニーズに応える形で、各出版社がぞくぞくと関連書籍のPDFファイルを無料で公開しました。

葉上太郎氏「原発頼みは一炊の夢か――福島県双葉調が陥った財政難」

・岩波書店『世界』2011年1月号特集「原子力復興という危険な夢」一部PDFを無料公開
岩波書店は、『世界』2011年1月号特集「原子力復興という危険な夢」から3論文を、著者の了解を得てPDF化しました。ドイツのエネルギーと原子力政策に関する独立コンサルタント代表 マイケル・シュナイダー氏(田窪雅文氏 訳)「原子力のたそがれ――米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」、ジャーナリスト 明石昇二郎氏「原発輸出――これだけのリスク」、地方自治ジャーナリスト 葉上太郎氏のルポルタージュ「原発頼みは一炊の夢か――福島県双葉調が陥った財政難」の3論文。くわえて、『科学』1997年10月号に掲載された地球化学者 石橋克彦氏の「原発震災」も公開。石橋克彦氏は2005年2月23日に、衆議院予算委員会公聴会で原発震災を強く警告したことでも知られています。これらのPDFは“当面の間”公開されるそうです。

日本の原子力施設全データ~どこに何があり、何をしているのか

・講談社ブルーバックス『日本の原子力施設全データ』のPDF一部無料公開
講談社ブルーバックス出版部は、北村行孝・三島勇著『日本の原子力施設全データ~どこに何があり、何をしているのか』(2001年刊)の一部を、著者合意のもとにPDFで公開しました。同書では、原子力発電所のしくみ、また放射能についての知識がわかりやすく説明されており、メディアで報道される情報を読み解くのに役立ちそうです。

丸善出版「放射線や災害ストレスの書籍」ネットで無料公開

・丸善出版『理科年表』など放射線や災害ストレス関連書籍のPDFを無料公開
丸善出版は、同社刊行の書籍のうち、災害、放射線、心理学分野に街頭する文献の本文をPDFファイルで無料公開しました。公開されたのは、理科・科学ファンに愛される名著であり、地震と津波がわかりやすく解説されている『理科年表』、原発事故後のストレスに関する研究結果などに関する章を含む『ストレス百科事典』など全7冊です。

・じほう『心的トラウマの理解とケア』など医療従事者向けの関連記事のPDFを無料公開
医薬品・医療関連出版社じほうは、被災地で活動する医療従事者向けに、同社が発行する雑誌『月刊薬事』の関連記事、書籍『心的トラウマの理解とケア 第2版』および『阪神・淡路大震災 医師として何ができたか』のPDFを無料で公開しました。やや専門的な内容ですが、被災地での医療体制についてわかりやすく解説されており参考になります。

1 2 3次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。