ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】セブンイレブンが「東京オリンピック2020のロゴ」に酷似したおでんポップを作成(笑)!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店が作った、おでんの広告ポップがインターネット上で話題となっている。ポップのデザインが、東京オリンピック2020に酷似しているというのだ。セブンイレブンの店長は以下のようにTwitterでコメントしている。

・店長のコメント
セブンイレブンの店長は「ネットで調べる限り『オリンピックイメージを想起させるグラフィック』とあったが、これはどー見ても『おでん』だよね?」

・なかなか独創的なデザイン
やや不安に思ったのか、念のため東京オリンピック組織委員会に問い合わせたところ、「具の配置がエンブレムを容易に想起さるものと思われます」との返答があり、店頭での掲示を諦めたようだ。なかなか独創的なデザインなので、非常に残念である。

・フランスパンのトートバッグに酷似!?
仕方がないので、代替案として作った「チクワをトートバッグに描いたようなポップ」を店内に掲示したようだ。佐野先生がデザインしたフランスパンのトートバッグに酷似しているが、気のせいだと思われる。

・簡単には折れません
しかしいろいろとインターネット上で話題になっているため、店長は「もしもここまでのツイートが消滅した時は本部から猛烈な圧力が掛かったと思ってください。簡単には折れませんがwww」とTwitterでコメント。なかなか粋な店長である。

・すでにフォロアーが1600人を超え
ちなみにセブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店のTwitterは以前から人気があり、すでにフォロアーが1600人を超えている。こういうユニークかつ客を楽しませるセンスを持った店舗は極めて珍しいし、敬意を表したい。これからも注目していきたいところだ。

https://youtu.be/RPN5jttgq1g

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/20/oden-2/

Via: セブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP