ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『悪人』の原作&監督コンビ最新作『怒り』が来秋公開 渡辺謙・森山未來ら12人の超豪華キャストを発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ikari
芥川賞作家・吉田修一と、『フラガール』『許されざる者』の李相日監督が『悪人』以来の再タッグで挑む映画『怒り』。本日、原作者の吉田修一が「ハリウッド映画『オーシャンズ11』の様なオールスターキャストで描いてほしい」とリクエストしたという、超豪華キャスト陣が発表された。

八王子で起こった夫婦惨殺事件と現場に残された「怒」の文字をキッカケに、事件から1年後の東京、千葉、沖縄で紡がれる3つのストーリーを描く本作。公開されたキャスト陣は、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮﨑あおい、妻夫木聡と、奇跡のキャストとも言える12人。

ikari
東京編の住所不定の男・大西(綾野剛)、千葉編の前歴不詳の男・田代(松山ケンイチ)、沖縄編の無人島にこもる男・田中(森山未來)が、顔を変えて生活を続ける八王子の事件の犯人なのでは? と周囲からそれぞれ疑われていくミステリー仕立ての物語だ。

市橋達也の事件と逃亡劇をモチーフにしていると言われる原作について、吉田修一は「生きている限り、みんな何かと戦っている。それぞれの戦いに大小はなく、もちろん優劣もない。誰もが自分の戦いを必死に戦い、自分の人生を精一杯生きている。そんな人間たちの姿を『怒り』で描きたかった」と語り、映画化に関しては「誰もが主人公であるこの物語が、今回これ以上ないスタッフ・キャストで映画化となる。“期待”という言葉では到底足りない思いで傑作の完成を待っています」とコメントしている。

8月8日からクランクインした本作は、東京都内、千葉、沖縄ほかで撮影を行い、10月中旬にクランクアップする見込み。公開は2016年の秋を予定している。原作を未読の人にとっては、先に原作を読んでから映画を観るか、それとも逆か、非常に悩ましいところだろう。

映画『怒り』公式サイト:
http://ikari-movie.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。