ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かつて500万部を売り上げた漫画家が語る厳しい現状

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1980年代にコロコロコミックで連載され、子供たちから圧倒的な支持を集めた大人気漫画「つるピカハゲ丸」

主人公のハゲ田ハゲ丸が、家族と共にひたすらセコく生きていくという4コマギャグ漫画で、単行本の売り上げは累計500万部にのぼり、テレビアニメ化も大好評で、「つるセコ」という言葉が社会現象を巻き起こすまでになった。

そんな「つるピカハゲ丸」の作者・のむらしんぼ先生(55)だが、ハゲ丸終了後も15年以上コロコロコミックで漫画を描き続けている。しかし、なかなかヒット作に恵まれず、現在、自身の暮らしにまでも「つるセコ」を余儀なくされているという。

その厳しい現状について話を聞くことができた。

(のむらしんぼ先生・談)

「ハゲ丸以降はなかなか人気が取れなくてねえ。打ち切りの連続。」

「細々と暮らしてますよ。」 「コーヒーが好きでね。」

「ドリップパックを使ってるんだけど、1回で捨てるのもったいないから3回使ってます。」

「3回目は100円ショップで売ってるインスタントの粉も少し追加して、騙し騙しね。」

「コーヒーなのに紅茶みたいに薄ーい色になっちゃうけど。」

「でも自分にコーヒーだと言い聞かせれば、いくら薄くたってコーヒーなんだよね。」

…などと、聞くも涙の切ないつるセコ話を語ってくれた。
その一方で漫画への情熱は全く衰えておらず、再び大ヒット作を生み出すため、日夜アイデアを練っているという。

そんなのむらしんぼ先生が、4月7日(木)ガジェット通信のニコニコ生放送にやってきます!
若手漫画家と共に大喜利をやるとのこと!動くのむらしんぼ先生を生で見よう!

4月7日(木) 20:00より 「漫画家だらけのハッピーアワー」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv42950451

■関連記事
地獄のミサワ『カッコカワイイ宣言』グッズが登場 これでモテモテ間違いなし!
『ニコニコ静画』地震被災地支援画像2400枚突破 『ドラゴンボール』鳥山明先生のイラストも届く
漫画家・佐藤秀峰日記「不調……」
藤子・F・不二雄先生の願い「明日への希望、未来への勇気を忘れないで」
漫画座談会「裾野をひろげないと漫画というジャンルが死んでしまう」『コミPo!』田中圭一×喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム

ピョコタンの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP