体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『なんばグランド花月』の出演者が通う洋食屋でオムライスを食す @『洋食屋カトリーナ』

kato-9_R

大阪なのに、まさかの”オムライス特集”と化しつつある『爆食放浪記』ですが、基本的には筆者が美味しいと思う食べ物だけを紹介するので、結果的に”オムライスな気分”の時はオムライスが連続するのは仕方ありません。

あと、さして”爆食”言うほど食べていない様に思われる本編ですが、実は”オムライス3連食!”とか普通にこなしてるんで、そこんとこヨロシクDEATH!

と、言う訳で今回もオムライス特集的な何かで、あの『洋食屋カトリーナ』で御座います。

『なんばグランド花月』から徒歩1分弱の立地

kato-6_R

難波と言えば笑いの聖地『吉本興業』の本社があり、あの『なんばグランド花月』が観光スポットとして有名です。

もっとも、さして『吉本興業』のタレントに興味がない筆者的には、あまりメリットはありませんが、周辺には美味しい店もチョイチョイあるので、グルメスポット的な何かとしてはスルーする訳には参りません。

『洋食屋カトリーナ』の店内には有名人の色紙がズラリと並び、誠に壮観で御座います。

セットがお得な『洋食屋カトリーナ』

kato-7_R

近辺には老舗の洋食屋さんや名店が多くあるのですが、筆者的にイチオシなのは『洋食屋カトリーナ』ですね。

「安い、美味い、早い」

この三拍子が揃っていて、店内も明るく清潔感があり接客も柔らかく、落ち着いた雰囲気で食事を楽しむ事が出来ます。

若干、他の名店ほどにメディアで紹介されていないので、あまり行列が出来たりしないのも筆者的にはポイント高いですね。

しかし!

それは単純に『洋食屋カトリーナ』の知名度が高くないだけであり、その実力は筆者も名店と認めるレベルにあります。

『トリプルセット』(980円)を所望する!

kato-2_R

基本的に店のメニューを見れば、その店の得意とする料理は分かるのですが、この『洋食屋カトリーナ』は”フライ系”の料理がイチオシと見ました。

とは言え、今回はオムライスなフィーリングなので、実に悩ましい所です……。

しかし!

そんな貴方に『洋食屋カトリーナ』の『トリプルセット』がお薦めで御座います。

オムライスに自慢のフライ料理がトリプルった豪華なメニューですが、何気に値段は「980円」とリーズナブルで、むしろ”オムライス単品(700円)”とかオーダーする人がいるのか、疑うレベルのバリューメニューです。

『クリームコロッケ』

kato-3_R

今回も”複合メニュー”なので「美味しく食べる為のセオリー」的な何かが必要かと存じます。

素人であればメインの『オムライス』を我慢出来ずに手を出してしまうでしょうが、それは罠です。

まずは時間と共に美味しさが激しく失われる”フライ料理”から食べるのがベストです。

と、なると味の薄い『エビフライ』が正解な気もしますが、最初に「フライ料理の花形選手」に行ってしまうのは、如何なモノかと存じます。

と、言う訳で正解は『クリームコロッケ』でした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会