体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これだけでもWin10に更新したくなる? 無料で動画スクリーンショット機能

07

Windows10が登場しましたが、日常を揺るがすほどの衝撃は過去のアップグレードほど無いと思います。でも、かゆいところに手が届く的な機能が地味に追加されていることは知られていません。
今回は、Windowsの動作を動画で記録できる新機能を紹介します。動画で記録して共有すれば文章や静止画で撮影するより理解度は格段に高まります。

ほとんどのアプリケーションの操作を音声付き動画で記録可能

「Windowsキー+Gキー」を押すことで、ウィンドウ内にメニューバーが表示されます。おなじみの赤丸ボタンを押せば、音声付き動画で記録されます。停止するときは、もう一度Windows+Gキーを押して、停止ボタンをクリックしてください。 これで、Windowsで再生できる形式(MP4)で記録されます。そのまま会社内で配布すれば操作手順を説明する文書として使えます。

ブラウザなどキャプチャーしたいウィンドウでWindowsキー+Gを押すとメニューが表示されます。

01

おなじみの赤丸録画ボタンを押すとキャプチャーが開始されます。

03

録画中はカウントアップ表示がされます。(もちろん、動画ファイルには表示されません)

08

終了する場合はWindowsキー+Gキーでメニューを出し、停止ボタンを押します。

02

今までも、他社が販売するソフトを使えば画面キャプチャーはできましたが、1ライセンス数万円なので、手軽に導入できるものではありませんでした。また、フリーソフトもありますが、動作が不安定だったり、音声が記録されなかったりと面倒でした。 専用キャプチャー用ハードウェアもありますが、ちょっとした操作手順の記録用途には大げさすぎます。

動画編集ソフト(Sony Vegas)

06

マインクラフト

05

表計算ソフト(Openoffice calc)

04

保存されたファイルはビデオフォルダに記録されます

保存されたファイルは「PC ビデオ キャプチャ」フォルダに記録されます。記録されたファイルを社内で共有したり、『YouTube』や『Facebook』に公開すれば、難しい操作手順をわかりやすく共有できます。

09
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。