ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホリエモン「お盆に旅行するのはバカ」で炎上 「お盆に帰省は伝統!」「この時期しか休めないんだよ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

各地で帰省ラッシュが本格化する中、ホリエモンこと堀江貴文さんがお盆に旅行するのは「バカ」と発言し、ネット上で議論を呼んでいる。

きっかけは統括・ハブ機能研究所の木島洋嗣さんが、8月12日に寄せたツイートだ。普段お金と時間がないと言っている人が「なんでお盆の、飛行機も新幹線もホテルも旅館も、スーパースーパーめっちゃ高い人に日時で旅行するんだろうか…」と疑問を投げかけた。

確かにゴールデンウィークやお盆、正月などのオンシーズンは色々と割増料金になるので、それだけ見るとこの時期に旅行するのは不合理ではある。

堀江さんも木島さんのツイートに対して即日ツイッターで「バカは金の使い方が下手」と反応。このやりとりがライブドアのトピックニュースで紹介されると、お盆に休むサラリーマンを中心に怒りの声が挙がった。
ホリエモン「お前なんか有休いつとっても問題ないよ」

多かった反応が「日本の普通のサラリーマンはお盆しか休めないのをご存知ないのですか?」というものだ。企業の中には、盆暮れ正月以外は長期の休みがなかなか取れないというところもある。

こうした声に対して、堀江さんは「有給(休暇)とれやボケ。有給もとれない会社はブラック企業なんじゃないの?笑」と反論。旅費が高くなるお盆期間ではなく、適当な時期に有休を取って旅行することを推奨する。

しかしこれに対しても、サラリーマンからは「遊びのために有休使うのは後ろめたくて難しい」「有休取れても会社での立場なくなるから」という声が出る。堀江さんは

「って思い込んでるバカ」「お前なんか有休いつとっても問題ないよ」
「悲しい人生だな。自意識過剰だな。お前の事なんて誰も気にしてないぞ」

と言い返していた。有休取得は「社員の正当な権利」であるとしており、それを活用しないのは愚かということのようだ。
「宗教行事に合わせて休むのは非合理的ではない」

とはいえ、お盆に親戚一同が集まることを考えると、休むタイミングは自分一人の問題ではなくなってくる。ツイッターにも「親戚達が帰郷して全員で顔を合わせる機会が、大型連休しかない」という投稿があった。これについては、木島さんが対応策を提案していた。

「例えば、毎年おじいちゃんの誕生日のある週の土日とか、ひいおばあちゃんの命日のある週の土日とかにしたらいかがです? なぜわざわざお盆?」

ただしそうはいっても、お盆は日本人にとって「先祖を迎える」という宗教的な意味合いを持っているのも事実だ。ネットでも、

「宗教行事の日程に合わせて休むことは非合理的ではないと思う」
「正月やゴールデンウィークと違ってお盆に田舎に帰るのは伝統だから仕方ない」

という指摘が寄せられていた。お盆というのは「観光ではなく祭祀」であり、「ピークを外すことはあり得ない」というのだ。

もっとも、墓参りをする訳でもないのに、お盆にバカンス旅行に行くのは不合理だと感じている人も少なくない。はてなブックマークでも「7月から9月の間で、好きなタイミングで休めるようにすべきだな」というコメントが寄せられていた。

あわせてよみたい:意外と多い「お盆休み9連休」の会社
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP