体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行列嫌いな筆者が並んででも食べたい『山芋焼』を食す! @『美津の』大阪道頓堀

mizuno-1_R

大阪に来たものの、あまりに”お好み焼”の店が多過ぎて、どの店に行けば良いのか迷った時は、まず創業昭和二十年の『美津の』(みづの)で食べておきましょう。

特に『美津の』の『山芋焼』は有名なので、旅行で訪れたなら話のネタにもなります。

『美津の』と言えば超絶行列店である!

mizuno-7_R

とにかく『美津の』はいつも並んでいます。平日でも10人以上、ピークタイムなら20人は並びます。

「ノー・モア・行列」

を信条とする筆者的には、開店と同時に入る為のポールポジションをゲットするべく、10時半に並んでみました。

そして、列で待っているとメニューを渡されるので、あらかじめ自分が食べたいメニューを決めておきましょう。

ちなみに開店時には20人近くの行列になり、その人気の高さが伺えます。

鉄板の前で待つ緊張感

mizuno-6_R

『美津の』のカウンターには鉄板があり、高級な鉄板焼きの店を彷彿させる店内です。

その鉄板は良く手入れされていて、油で黒光りしており、これから焼かれる『山芋焼』への期待も高まります。

目の前で次から次へと焼かれる”お好み焼”

mizuno-8_R

店員さんは慣れた手つきで、次から次へとオーダー順に”お好み焼”を焼いて行きます。

ここら辺、ちょっと”お好み焼”にはうるさい筆者ですが、この『美津の』なら安心して見ていられます。

しかし、微妙に生地の柔らかい筆者の『山芋焼』は返すのが難しいと思われ、ちょっとしたドキドキ感もあったり無かったりします。

このライブ感は鉄板のあるカウンター席ならではで、ある意味アトラクション的な要素も感じられました。

『山芋焼』を食す!

mizuno-2_R

基本、お好み焼きは『豚玉』こそ至高と思っているのですが、今回は『山芋焼』なので普通に”貝柱”にしてみました。

焼きあがると店員さんが『山芋焼』をコチラ側にずらしてくれるので、それをテコで切り分けながら頂くスタイルです。

mizuno-3_R

鉄板の温度が低い部分に置いてあるので、時間が経っても冷めないのが嬉しいですね。

貝柱がデカい!

mizuno-4_R

若干、この『山芋焼』(1620円)はお高いと思えなくもないのですが、山芋100%で生地を作り、この大きさのホタテの貝柱が使われているので、仕方ないと思われます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会