体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼肉屋さんでデザートを頼んだ結果…… @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase-mero2_R

さて、夏と言えば焼肉です。焼肉と言えばオダサガのラスボス『焼肉はせ川』で決まりです(異議は認めません)。
何をもってオダサガ(小田急相模原)の“ラスボス”とするかは、これから小一時間かけて説明しましょう。

とにかく熱いぞ!『焼肉はせ川』

hase-mero10_R

とにかく『焼肉はせ川』の全てが熱いです。激アツです。しかも夏なので3倍マシで熱いです。
あと焼肉を七輪で肉を焼くので、その暑さは想像を超えます。夏に予約の電話をすると
「店内暑いので女性の方は大丈夫でしょうか?」
みたいな制止が入るレベルです。とりあえず化粧が全部流れる覚悟が必要と言う事でしょうか?

肉が旨いぞ!!『焼肉はせ川』

hase-mero9_R

とにかく高級な国産和牛が激ウマで激安なので、一度『焼肉はせ川』に訪れてしまうと、二度と他店に行けない諸刃の剣、素人にはオススメ出来ない。

hase-mero11_R

ちなみに『焼肉はせ川』は完全予約制なので、絶対に予約してから訪れて下さい。いきなり飛び込みで入っても100%断られます。筆者も何十人も見て来ましたが、予約無しで入れた人は皆無です。

サラダはヤヴァイぞ!!!『焼肉はせ川』

hase-mero12_R

そして焼肉屋なのにサイドメニューの数が半端ありません。しかも、そのボリュームは“デカ盛り級”であり、普通の人では完食するのは厳しいでしょう。
「値段と名前に騙されるな」

hase6-menu_R

壁に貼ってあるメニューの値段を見て、そんなにボリュームがないと思っていると地獄を見ます。
なので、とりあえず訪れる時は、かなり屈強な戦士でパーティーを組んだ方が良いでしょう。

hase-mero13_R

ちなみにコチラの『フルーツトマトのサラダ』は、どう見ても4人前はあります。

『東京しょうゆ焼きそば』(450円)

hase-mero6_R

あと麺類は危険ですね。コチラの“焼きそば”は450円ですが、このパーティーサイズの皿で提供されています。

hase-mero15_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会