ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本物ソックリ!和菓子や日本酒がモチーフのお供え用ローソク「故人の好物シリーズ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月に入り、お盆も近づいていますね。さてお盆というと、ご先祖様のお墓や仏壇に供えるお線香やローソクの準備は、けっこう実家任せになっているという方が多いのではないでしょうか? 特に実用のローソクは雑貨店などで売られているグッズの洋風キャンドルとは違うため、なかなか自宅で常備しておく機会も少ないと思います。

ところがよく調べてみると、今のローソクにはつい集めたくなってしまう種類があることがわかりました!出てくるのは豆大福たこ焼きといった身近な和菓子や和食を実物ソックリにかたどったローソク。これらを販売しているのは、神仏用のローソクや線香を取り扱う「カメヤマローソク」。先祖のお気に入りの数々をモチーフにしたという「故人の好物シリーズ」が目玉商品となっているのです。見た目の精巧さは言うまでもないですが、そのラインナップも注目どころ。それぞれに「〜キャンドル」と付いており、麦焼酎といった日本酒から、寿司、おはぎやあんみつといったスイーツ系まで勢ぞろい。先祖の好物というコンセプトですが、その範囲の広さがとてもユニークで斬新です。

さらに異業種とのコラボシリーズとして手がけたワンカップ大関ローソクやペットの先祖まで想定した、猫が大好きなあの黒缶キャンドルなど、これらもまた実物と見間違うほど精巧にできていて、使うのがもったいないくらいです。

またローソク以外にもお線香を扱っており、ミルキーボンタンアメいちごみるくなどの駄菓子をモチーフにしたキュートなバリエーションとなっています。こちらも要チェックですね。

これらはユーモア商品として楽しめる一方で、こうしたローソクを実際に供養に使うことでご先祖の在りし日に好きだったものに思いを馳せてみる、ということができるわけです。お盆のあり方は家族それぞれだと思いますし、この「故人の好物シリーズ」ならハッキリとした物となっているだけにとても想いが込められていますよね。今年のお盆はぜひこの中から素敵なチョイスをしてみてはいかがでしょうか。

kameyama.co.,ltd. コラボ・好物シリーズ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

ニャンとも驚き!「じゃらん」とコラボした九州名物の二〇加せんぺいが限定で発売
お米とパンの支出が逆転!
和食文化についてのキュレーションサイト「和食ラボ」がオープン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP