ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蜷川実花と道後温泉がコラボした 華麗なる世界を今だけ体験!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本きっての名湯、愛媛・道後温泉を舞台に「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」が開催中。メインアーティストに、人気の写真家・映画監督で知られる蜷川実花さんを迎え、老舗の温泉街とコラボレーションした世界が今だけ体験できる。
「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」は、昨年、道後温泉で開かれたアートイベント「道後オンセナート 2014」に続き、「最古にして、最先端。温泉アートエンターテイメント」の基本コンセプトを継承した催し。5月に第1弾、そして7月から第2弾がスタート。10月には第3弾も予定されている。
7月18日スタートの第2弾では、道後温泉エリア13の旅館とホテルで、蜷川実花さんが手がけた浴衣が登場。スプレー菊の写真を使ったメインビジュアルと同じ柄の浴衣と、椿の写真を大胆にデザインした浴衣の2パターンから選べる。貸出期間は来年2016年8月31日まで。サイズは1種類、先着順(別料金)
また、道後温泉の本館や商店街、旅館やホテルでは、蜷川実花さんの写真を使った「うちわ」を配布している。合計15万枚、なくなり次第終了。
特にオススメなのが、昨年の「道後オンセナート 2014」で話題となった、泊まれる作品「HOTEL HORIZONTAL」。アーティストが客室を作品化し、実際に宿泊できる部屋が6部屋ある。そこに蜷川実花さんが手がけた部屋も2部屋追加され、有料で見学できる。道後温泉がある松山市の市花「椿」をモチーフにした部屋(道後プリンスホテル)と、東京・目黒川の桜を撮影したシリーズ「PLANT A TREE」の部屋(大和屋本店)も必見だ。
さらに、蜷川実花さんの作品が楽しめるホテルギャラリー、オリジナルグッズや写真集などが買える特設ブースなども。詳しくは「道後アート2015」のホームペ―ジ(http://dogo-art.com/)にて。




(all images (C) mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery)
蜷川実花×道後温泉 道後アート2015http://dogo-art.com/
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【えひめ最新レポ】O級グルメと「アマゴのさつま」 大洲のご当地グルメが熱い
「どら焼きのまち・米子」 生産量世界一でアピール中
京都のご当地バーガー「九条ねぎバーガー」が人気

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP