体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

八王子ラーメンを代表する『特チャーシューメン』を食す! @『タンタン』東京都八王子市

tantan-toku2_R

世間的には、さして有名ではない「八王子ラーメン」ですが、取材を重ねるごとに、その圧倒的な実力と言うか旨さに驚く筆者で御座います。

「言うほど、美味くないんじゃね?」

と、思っている人も少なくないと思われますが、それは甘いですね。

ラーメンブームがドーンと来る前から、八王子では「八王子ラーメン」が地域に根付いているのです。

もはや「八王子市民のソウルフード」と言っても過言ではありません。

昔から多くのラーメン屋さんが「八王子ラーメン」と言う様式美を追求し、お互いに腕を磨き工夫を重ね、一杯のラーメンを高め合っているのです。

まず、一度も「八王子ラーメン」を食べた事が無い人は、今すぐ八王子に赴くべきでしょう。

ベスト・オブ・ベスト『タンタン』

tantan-toku10_R

今、八王子で美味いラーメン、もとい「八王子ラーメン」の店を挙げるなら、確実にベスト3に入る『タンタン』で御座います。

いや、むしろ「ナンバーワン」と言っても過言では無く、土日祝日は定休日、そして夜の営業は一切なし… つまり

「平日の11:00~14:00のみ!」

と言う、極めてスパルタンな営業時間にも関わらず、毎日確実に行列させる超絶人気店なのです。

「八王子ラーメン」の実力を計るならば、まず『タンタン』の一杯を食べなければなりません。

『特チャーシューメン』を食す!

tantan-toku1_R

そして、毎度の事ながら超絶人気店なので店内も常に満席であり、店内の写真撮影は非常に難しいモノがあります…

さすがに人の頭越しで撮るのは非常識ですからね。自分のラーメンを撮るのが精一杯で御座います。

と、言う訳で絵が足りない可能性は否めませんが、ソコは『特チャーシュー麺』の圧倒的なビジュアルで、ゴリ押しするまでの事です。

ちなみに「八王子ラーメン」のベーシックを知って欲しいと言う事で、前回は『並ラーメン』(550円)の記事でしたが、今回は二回目なのでチャーシュー解禁です。

いや、むしろココからが本番じゃないですかね?

と、言う事で必然的に『タンタン』のフラッグシップである『特チャーシュー麺』(950円)を食べる事にします。

チャーシューがデカい!

tantan-toku5_R

写真を見れば伝わると思いますが、チャーシューがデカいです。超デカいです。そんな巨大チャーシューを贅沢に5枚ほど使い、完全にラーメンを覆ってしまっています。

厚さは3㎜弱ですが、とにかく一枚が異常に大きいので、これはボリューム満点ですね。

tantan-toku4_R

『タンタン』のチャーシューは、スープの寸胴で煮てからタレに漬けられるようです。

この時も常にチャーシューの状態を気遣い、竹串で火が通っているかチェックしていました。

つまり、肉に火が入った時点でスープから上げてしまうのです。

あまり煮込むと柔らかくはなりますが、豚肉の旨みがスープに流れてしまうデメリットがあります。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。