ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

八王子ラーメンを代表する『特チャーシューメン』を食す! @『タンタン』東京都八王子市

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tantan-toku2_R

世間的には、さして有名ではない「八王子ラーメン」ですが、取材を重ねるごとに、その圧倒的な実力と言うか旨さに驚く筆者で御座います。

「言うほど、美味くないんじゃね?」

と、思っている人も少なくないと思われますが、それは甘いですね。

ラーメンブームがドーンと来る前から、八王子では「八王子ラーメン」が地域に根付いているのです。

もはや「八王子市民のソウルフード」と言っても過言ではありません。

昔から多くのラーメン屋さんが「八王子ラーメン」と言う様式美を追求し、お互いに腕を磨き工夫を重ね、一杯のラーメンを高め合っているのです。

まず、一度も「八王子ラーメン」を食べた事が無い人は、今すぐ八王子に赴くべきでしょう。

ベスト・オブ・ベスト『タンタン』

tantan-toku10_R

今、八王子で美味いラーメン、もとい「八王子ラーメン」の店を挙げるなら、確実にベスト3に入る『タンタン』で御座います。

いや、むしろ「ナンバーワン」と言っても過言では無く、土日祝日は定休日、そして夜の営業は一切なし… つまり

「平日の11:00~14:00のみ!」

と言う、極めてスパルタンな営業時間にも関わらず、毎日確実に行列させる超絶人気店なのです。

「八王子ラーメン」の実力を計るならば、まず『タンタン』の一杯を食べなければなりません。

『特チャーシューメン』を食す!

tantan-toku1_R

そして、毎度の事ながら超絶人気店なので店内も常に満席であり、店内の写真撮影は非常に難しいモノがあります…

さすがに人の頭越しで撮るのは非常識ですからね。自分のラーメンを撮るのが精一杯で御座います。

と、言う訳で絵が足りない可能性は否めませんが、ソコは『特チャーシュー麺』の圧倒的なビジュアルで、ゴリ押しするまでの事です。

ちなみに「八王子ラーメン」のベーシックを知って欲しいと言う事で、前回は『並ラーメン』(550円)の記事でしたが、今回は二回目なのでチャーシュー解禁です。

いや、むしろココからが本番じゃないですかね?

と、言う事で必然的に『タンタン』のフラッグシップである『特チャーシュー麺』(950円)を食べる事にします。

チャーシューがデカい!

tantan-toku5_R

写真を見れば伝わると思いますが、チャーシューがデカいです。超デカいです。そんな巨大チャーシューを贅沢に5枚ほど使い、完全にラーメンを覆ってしまっています。

厚さは3㎜弱ですが、とにかく一枚が異常に大きいので、これはボリューム満点ですね。

tantan-toku4_R

『タンタン』のチャーシューは、スープの寸胴で煮てからタレに漬けられるようです。

この時も常にチャーシューの状態を気遣い、竹串で火が通っているかチェックしていました。

つまり、肉に火が入った時点でスープから上げてしまうのです。

あまり煮込むと柔らかくはなりますが、豚肉の旨みがスープに流れてしまうデメリットがあります。

『タンタン』のチャーシューは、豚肉の旨みって言うか「肩ロースの美味しさ」を追求したチャーシューなのです。

tantan-toku9_R

早い話が『タンタン』に行ったら、チャーシュー麺を食べなきゃ損するぞって話ですよ、お客さん。

ちなみに『タンタン』のチャーシュー麺は、大きさによってチャーシューの大きさが変わります。

なので『並チャーシュー麺』が売り切れなのに、何故か『特チャーシューメン』はオーダー可能だったりする現象が起きるので、御了承下さい。

スープが絶品の『タンタン』

tantan-toku6_R

まさに「八王子ラーメン」の見本と呼べるのが『タンタン』の洗練されたスープです。

スープだけで見れば『吾衛門』か『タンタン』のどちらかで決まりだと思います。(筆者個人の見解です)

「八王子ラーメン」ならではの、澄んだスープに  が浮かび、そこに「微塵切りされたタマネギ」が加わる事で、この『タンタン』のラーメンになります。

ちなみに「八王子ラーメン」は、この「タマネギ」が肝でして、コレが入っていなければ「八王子ラーメン」を名乗れません。

tantan-toku3_R

タマネギは水に晒したりしませんが、ラーメンの表面に浮かぶラードなどの熱い油に浸かる事で、生のタマネギ独特の「辛味」が飛ぶのです。

そして、スープもマイルドになり、血液もサラサラになると言う相乗効果も微妙にあります。

なので、写真だと結構「油ギッシュ」に見えますが、食べてみると「あっさり系」の醤油ラーメンである事が分かると思います。

麺のボリュームがヤバイ件

tantan-toku8_R

『特チャーシュー麺』の「特」は「特大」の意味で御座います。つまり『大チャーシュー麺』の上ですね。

そして、この「特大」はチャーシューの大きさもですが、何気に麺の量がヤバイですね。

普通の『並ラーメン』でも、細麺にしては麺量がそこそこあるのですが、その二倍はあります。

その上、あの巨大なチャーシューも加わるので、成人男子でも結構満腹になる『特チャーシュー麺』かと思われます。

ちなみに『タンタン』では麺の硬さを聞かれるので、このボリュームの場合は「硬め」でオーダーするのも正解ですね。

そして、ボリュームだけでは無く、その麺の美味しさも特筆に値します。

細めのストレート麺ですが、コシがあります。

よ~く写真を見ると「2層構造」のように見える麺ですが、この中心部分が「コシ」を支えているのでしょう。

この中心部まで透明っぽくなると、完全に「茹ですぎ」であり、非常に残念なラーメンに堕ちてしまうのです。

スープに浸かっている部分の染まり具合からして、それほど加水率は低くありませんが、細麺なのでスープの運びは良いですね。

長さもベストで、丁度良い「啜り加減」で食べられます。

ここら辺の「地味に重要なポイント」もラーメンの味を左右するのですが、長年に渡り研究し改良され、極まりつつある『タンタン』は、そこら辺は当然押さえてあります。

歴史が長ければ良いって訳ではありませんが、やはり経験に裏打ちされた技術とノウハウは、新規の店よりもアドバンテージがある事は間違い有りません。

メンマも普通に美味しい『タンタン』

tantan-toku7_R

最近は「メンマ」にコダワル店が増えているので、今となっては「普通に美味い」って表現になってしまいますが、何気に『タンタン』のメンマは美味しいです。

メンマ自体が美味いと言うよりは、スープや麺と合わせた時に「メンマの存在」が出てくるタイプですね。

このメンマがラーメンに入っていないと、きっと物足りない感が半端ないと思われます。

『特チャーシュー麺』 総評

tantan-toku-9_R

まさに八王子を代表する『タンタン』を満喫出来る『特チャーシューメン』で御座います。

っていうか、連食する予定で無ければ、この『特チャーシューメン』をオーダーしないのは勿体ないですね。

かなり早い段階で「売り切れ」になるので、食べられる時に食べておくべき「一期一会メニュー」と言っても過言ではありません。

あと、かなり全体的にボリュームがあるので

「ネギ増し」

は必須かと思われます。筆者はマシにしなかったのですが、中盤辺りで「タマネギ飢饉」に陥りました。

麺が2倍な時点で、タマネギ二倍必要である事を、予見出来なかった筆者のミスです。

とにかく営業時間が厳しい『タンタン』ですが、やはり有休と使ってでも食べたいラーメンですね。

食べ終わった後の「満足感」を考えると、有休を使うに値するラーメンだと筆者は思っています。

「八王子ラーメン」を評価するなら、まずこの一杯と言う感じで、この『タンタン』のラーメンを食べずに「八王子ラーメン」は語れません。

それでは、みなさんも時間を作って『タンタン』で『特チャーシューメン』を食べてみて下さい。

『タンタン』

東京都八王子市子安町1-30-6

営業時間 11:00~14:30

定休日 土日祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。