体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エロの「バリア」を取り払え バリアフリーのピンク映画「エロバリ」

erobari.jpg

 エロティック・バリアフリー・ムービー、略して「エロバリ」。いわゆるピンク映画に副音声と日本語字幕をつけて、視覚や聴覚に障害をもった人も健常者と一緒に映画を楽しめるよう作られた作品のことだ。2010年8月、ポレポレ東中野で『ナース夏子の熱い夏』と『私の調教日記』(共に、監督・東ヨーイチ)が同時上映された。

 エロバリの最大の特徴は、副音声だ。映画の登場人物とは別のもう一人が、のぞき見をしているように情景描写を語る。たとえば『ナース夏子の熱い夏』のベッドシーンでは、「けっこう前戯の長いお二人さん」とか、「ずいぶん派手な声。でも、待ちかねてたんですものね」とか、「あらまぁ…見事な。この人やっぱり、急がないところがいいわね」という風に、かなり個人的な視点からの語り口になっている。そのため、ピンク映画ならではのストーリー性や、ベッドシーンの興奮に加えて、副音声が次に何を言うのかが、エロバリの楽しさとも言える。また、女性目線で語られているため、女性にとってもそれほど抵抗なく観ることができる。実際、ポレポレ東中野での上映時には、観客の4分の1が女性だった。

■ 性をオープンに語り合える社会に

erobari2.jpg

 ピンク映画などの「エロ」は一般的に、人目につかないようにこっそり楽しむものだ。それをあえて、わざわざ映画館という場に人を集めて、みんなで「エロ」を共有しようとするのはなぜか。そこには、「性をオープンに語り合える社会にしたい」という思いが込められている。エロバリを企画した映画制作会社シグロの代表取締役・山上徹二郎さんは、エロバリに込めた思いを、

「視覚障害者だけがヘッドフォンをつけて副音声を聞くのではなく、字幕も副音声も入ったものを、みんなで一緒にみる映画をつくりたかった。また、性の話をもっとオープンに語る必要があるという思いもあった。だから、バリアフリーの『バリア』には、障害者にとっての障壁だけでなく、私たちの中にあるエロスに対する偏見という意味も込められている」

と話す。山上さんは、エロバリをきっかけにして目指すものを次のように語った。

「SEXは生きていくためにとても大事なことなのに、そのことを大らかに語れないのは変な世の中。映画館での上映も、モーニングショーにしたり女性シートを作ったりして、みんなで明るく観られるよう工夫した。恋人や夫婦で一緒に観て、そのあと性について一緒に語り合う、そういう環境をつくりたい」

■ 障害ゆえに「ひっそり」ができない

erobari3.jpg

 障害をもつ人にとって、エロバリは助け舟となるのか。東京大学先端科学技術研究センターの特任研究員で、自身が視覚障害者の大河内直之さんは、エロバリの意義を肯定しながらも、障害者のエロス事情には「もう一歩手前にも問題がある」という。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会