ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『HOME’S 住まい探し支援特集』など不動産会社による被災者への優遇賃貸がはじまる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HOME'S『住まい探し支援特集』より

東日本大震災の被災者のために必要となる住宅は約30万戸と予想されています。すでに、民間NPOなどによる住居支援がスタートしていますが、不動産会社による被災者向け優遇賃貸住宅情報サービスも進んでいるようです。

住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME’S』を運営するネクストは、全国約1万店の加盟店ネットワークを活かして『HOME’S住まい探し支援特集』を開設。被災者向けに「敷金、礼金無料」「保証金不要、敷引きなし」「仲介手数料無料」の優遇条件を設定した全国の賃貸物件情報の提供をはじめました。なかには、この優遇条件以外にも、フリーレントや家賃減額など個別の優遇条件を設定した物件もあります(住宅保険料、鍵交換費用などの実費は別途相談)。

Lococom 「仮住まい」情報掲示板 より

『HOME’S』では、この優遇条件を満たす物件情報を提供する不動産会社を全国から募集中。本特集への物件情報掲載は無料で行っているそうです。また、同社では地域コミュニティサイト『Lococom』でも『「仮住まい」情報掲示板』を開設。物件オーナーやシェアハウス運営者、自宅その他に空き部屋を持つ個人との情報交換を行う場として公開しています。

仮り住まいの輪 ウェブサイトより

大阪で、不動産・設計・施工・コンサルティングを行うアートアンドクラフトの代表 中谷ノボル氏が発起人となり、東京R不動産などユニークな不動産・建設業界の人々が実行委員会を結成して企画する『仮り住まいの輪』も興味深いプロジェクト。阪神淡路大震災の経験から、交通インフラが整い始めるとともに「他地域へ避難しつつ生活再建を検討しはじめる」人々が急増することを予想し、住宅確保と被災者の生活支援を構想しています。

現在、URや公営住宅など公的に確保できる住宅数は全国で数万程度。しかし、日本には全国で400万戸を超える民間賃貸住宅の空室があるそうです。それぞれの被災者の希望と提供者の思いをマッチングさせる仕組みが働けば、被災者が緊急避難生活を少しでも安心して過ごしながら自ら生活を再建する手助けができるはず。『仮り住まいの輪』は近日オープン予定です。

不動産会社による被災者への優遇賃貸サービス
HOME’S『住まい探し支援特集』
http://m.homes.co.jp/cp/shien2011/
Lococom「仮住まい」情報掲示板
http://www.lococom.jp/common/guideline/karizumai/
仮り住まいの輪
http://www.karizumai.jp/
※画像は上記サイトより引用
 

HOME’S『住まい探し支援特集』
Lococom「仮住まい」情報掲示板
仮り住まいの輪

 

■関連記事
「うち使って!」被災者へ全国から住居提供が続々!『roomdonner.jp』などマッチングサイトまとめ
全国自治体から被災者受け入れの動き「被災者疎開大作戦!」大阪府橋下知事らが呼びかけ
佐賀県の被災者受入支援が熱過ぎる件
パイオニアの対応カーナビで被災地周辺の「通れた道路」を確認可能に
海水で冠水した車両には「むやみに触らない」「バッテリーを外す」 JAFが呼びかけ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。