ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マック、スタバに続け! 丸亀製麺、「外食産業で世界トップ10入り」を目指す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

reriyaki
セルフ式の讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」などを展開するトリドール(本社:兵庫県神戸市)の粟田貴也社長は、7月30日の記者会見において「外食産業で世界トップ10入りを目指す」と発表した。10年後となる2025年までに国内外の店舗数を6000店舗に拡大し、現在の連結売上高の5.7倍となる5000億円を目標にする。
 

粟田社長は、国内の外食上場企業は、売上の多くを国内需要に依存していることを指摘。しかし、高齢化による胃袋の縮小や、デフレによる単価の現象などの影響で、国内の外食市場は1998年をピークに縮小気味だ。そこで、マクドナルドやスターバックスコーヒーなどの世界のトップ外食企業の場合、海外出店によって売上を伸ばしていることを例にあげ、同社も海外展開をおこない、日本発のグローバルな外食ブランドを目指していくと明言した。
なお、今後、国内では、主力業態の「丸亀製麺」のほか、現在急増する郊外型カフェ市場においてカフェ事業を展開。「丸亀製麺」と同様に店舗ごとの手作り感を徹底するというコンセプトの「クローバー珈琲焙煎所」を出店する。また、創業業態での郊外型ファミリーダイニング「やきとり屋とりどーる」を関東圏に拡大していく。
海外事業においては、欧米では今年5月にはアメリカのファストカジュアルレストランの「Kaya Street Kitchen」事業をグループ化。今年6月には欧米を中心にアジア料理を提供するオランダ・アムステルダムのアジアン・ファストフード店「WOK TO WALK」の株式を60%取得し、連結子会社化した。こちらは、現在の67店を500店までに拡大する計画だ。
kaya
アジア・ハワイ等では、メイン事業である「丸亀製麺」ブランドを中心に展開。現在10店舗を展開する台湾では、日本国内の店舗よりも平均で約2倍の売上高を上げる人気ぶりだという。
さらに、今年3月にはアフリカのケニアにも進出。照り焼きチキンを販売する「テリヤキジャパン」を開店するなど、新興国でのビジネス展開にも意欲を見せていた。まだ、海外チェーンも本格的に参入していない新興国において、外食産業の黎明期に店舗展開をはかることで、先行者利益を確保するという狙いだ。 これらグローバル戦略の目標達成を向け、今年3年間で10億円規模のM&Aを実施する方針。また、経営企画をはじめ、本社機能の一部を東京都内に移し、新たに東京本部を設立する。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
ついに太陽のちからで調理ができる時代が到来?そんなまさかを豊洲で体験してきた!
時代の最先端を行く!? 風力発電発明家
「世界一のゲーム」に挑むゲーム嫌いな彼女たちの反応は!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。