体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頭上に輝く死兆星!それでも漢は浪速の聖十字星を目指す!@『そば処 まる栄』大阪市浪速区

maruei-oya4_R

今回は初の遠征と言う事で“大阪”に進出してみました。

まあ、遠征と言うよりは99%“食べ歩き”なのですが、脱関東圏って感じで個人的には“いつもの25%増し”(当社比)で頑張る勢いで御座います。

ちなみに今回も自腹で取材なので基本的には「自分の食べたい物を食べる」って方向でよろしいかと存じます。

なので、みなさんが大阪と聞いて期待している“たこ焼き”とか、定番の“お好み焼き”は少な目なので御了承下さい。

「そば屋のカツ丼は美味い!」

foodpic5858405

こちらの写真は東京都の八王子市にある東の横綱『長岡屋』の『上カツ丼大盛り』で御座います。

その圧倒的なボリュームと美味さから、蕎麦屋であるにも関わらず、客の大半は“丼もの”をオーダーする不思議な店です。

日頃からトンカツを愛し、数多くのカツ丼を食べて来た筆者ですが、とりあえず出た結論として

「カツ丼は蕎麦屋が旨い!」

と、言うのがあります。やはりタレと言うか“つゆ”の美味しさが肝となる“カツ丼”の場合、その道のプロフェッショナルである“蕎麦屋”のアドバンテージは少なくありません。

つまり、美味しいカツ丼が食べたければ、定食屋ではなく美味い蕎麦屋を探せと言う事です。

maruei-oya1_R

筆者が仕入れた情報によると大阪、それもミナミ周辺で一番のカツ丼は『そば処 まる栄』と言う蕎麦屋さんらしいとの事。通称、

「浪速のグランドクロス」

と呼ばれる、カツ丼界の“西の横綱”が恵比寿町に存在するとの噂。これは肉眼で確かめる必要があります。

恵比寿町に輝く“正十字星”を目指せ!

maruei-oya3_R

地下鉄に乗り大黒町で降り、恵比寿町を目指す筆者。

まず、暑いです。そもそもが、大阪に降りて最初に感じたのは半端ない

「蝉の鳴き声」

でした。そりゃ関西の方が関東よりも夏が訪れるのは早い訳ですが、実際に体感すると

「容赦ない夏2015」

みたいなサマー感がジワジワと盛り上がって来ます。そして息も絶え絶え、あの『そば処 まる栄』に入店。

maruei-oya7_R

昼のピークタイムを過ぎていたので、割とすんなり入店し安心した筆者に、衝撃の事実が!

「カツ丼とカツカレーは売り切れました」

との事…… 売り切れとは?

自分はカツ丼を食べられないと言う事ですかね?

薄れゆく意識の中で、頭上に輝く“死兆星”を見た筆者です……。

『親子丼』を所望する!!

maruei-oya8_R

大阪まで来て、目の前が真っ白になるレベルの衝撃に動揺した筆者ですが、そこは一応プロなので

「じゃあ、親子丼でお願いします」

みたいな返しを3秒で済まします。いかなる状況に置かれても決して迷わない決断力こそ、イカれた時代で生き残る術なのです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy