体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男が妊活?『妊活を知ろう!考えよう!! ぼくらの妊活座談会』

IMG_7162_R

東京都新宿区でちょっと変わった座談会が開催されたので取材した。
題して「妊活を知ろう!考えよう!! ぼくらの妊活座談会」。
“ぼくら”ということは、男性が妊活について語る気なのだろうか。
若干踏み入れてはいけない分野のような気もする。

そもそも妊活とはいったい何のことなのか。妊活という言葉はジャーナリストで相模女子大客員教授の白河桃子の提唱によるもの。
著書によると「妊娠にまつわる知識を正しく身につけ、自分の身体の現状を把握し、ベストなライフプランを描くこと」とされる。
記者の認識としては、その背景のひとつに女性の社会進出が著しいことがあると思われる。晩婚化やそれに伴う高齢出産化(概ね35歳以上の出産をいう)により、妊娠への不安、あるいは対策が必要であるという認識が広がったものと考えられる。

IMG_7075_R

さて話を座談会に戻して、このプログラムのプレスリリースを要約すると、「株式会社IBJは、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』を運営する株式会社エムティーアイと同社が主催する“女性の結婚・妊娠・子育て領域活性化プロジェクト”の一環として実施している、第2回「男の【任活】座談会」を共同開催いたします。」となっている。
やっぱりよくわからない。IBJといえば、以前に婚活パーティーを取材したことがある。(拙稿 http://getnews.jp/archives/940390 参照)
これはあらかじめ聞いておく必要がありそうだ。

IMG_7076_R

そこで、IBJの広報担当、嶋岡紀美江さんに事前にメールで概要について聞いた。
その回答によると、「いま、男性の女性支援の在り方が問われている」「婚活の現場から見る、モテと非モテを分かつ3 つのポイントとは?」「女性のカラダとココロのことを知ろう~妊活とセックスについて~」「みんなで考えるパートナーシップ(グループワーク)」「【宣言】ぼくたちが今すぐに出来ること」という内容のプログラムであることが分かった。
意外と真面目に考える座談会のようである。

IMG_7098_R

座談会当日、記者は東京都新宿区の会場を訪ねた。
報道関係者と2社の社員としての女性はいるが、参加者16名は全員男性だ。
参加者リストによると、概ね未婚と既婚が半数程度。

ミニ講義として前出のIBJ嶋岡紀美江さんによる「モテるポイント」講座が始まった。
このあたりは非常に参考になるので、読者もいっしょに考えていただきたい。

実際に婚活女性にアンケートを取った分析で、女性の生の声なので比較的確度は高い。
当たり前と思っていても、案外そうでない部分を再発見できるかもしれない。
この記事用に読みやすく再編集したスライド資料を提供していただいたので、その一部を抜粋して掲載する。ぜひ順を追って読んでいただきたい。

1 ステータスより●●●●を良くする努力を

さて、何を良くする努力なのだろうか?

スライド2_R スライド3_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy