ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

福島第1原発で被ばくした作業員3名が退院

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 独立行政法人放射線医学総合研究所は2011年3月28日、福島第1原発の事故に対応するための作業中に3号機で被ばくした作業員3名が、28日正午頃に退院したことを明らかにした。

 退院した3名は東京電力の協力会社の作業員で、被ばくに関する検査等を行うため25日から入院していた。うち2名はくるぶしより下を局所被ばくしており、皮膚の被ばく量は当初2~6シーベルトと考えられていたが、分析の結果、2~3シーベルトに下方修正された。

 放射線医学総合研究所では作業員3名の内部被ばくについても評価を行っているが、いずれも「健康への影響はないものと思われる」としている。

(土井大輔)

【関連サイト】
放射線医学総合研究所 公式サイト

【関連記事】
福島県相馬市・立谷市長が語る被災地の「今」 決して逃げない「ろう城」の決意
福島第1原発・放水口付近の海水から約1250倍の放射性物質
原子炉損傷で放射性物質が漏れ出している可能性 福島第1原発・3号機

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。