ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ネットリサーチをより手軽に!究極にシンプルなアンケートアプリ「TesTee」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空いた時間に、サイト上でさくっと、市場調査に協力できるネットリサーチ。

スマホユーザー増加の影響で、この世界にも、革新の波が押し寄せている。より手軽でコストのかからない手法が、模索されているようだ。

そんな中、先陣を切る形で登場したのが、アンケートAndroidアプリ、「TesTee(テスティー)」である。

リサーチはもちろん、プロモーションからSNS拡散まで、スマホ上で一気通貫するシステムを開発。最新鋭のマーケティングツールとして、早くも注目を集めている。

サービスを考案したTesTeeの代表取締役、横江 優希(よこえ ゆうき)氏に、詳しい話を聞いた。

・2枚の画像と簡潔な質問文だけで回答・集計が可能

Q1:まずは、「TesTee」開発のきっかけから、お聞かせください。

以前会社で、簡単なアンケートを行う必要があり、色々なアンケートサービスを検討したのですが、高額だったり、アンケートを設計するのが複雑だったため、もっと簡単に、直感的に行えるサービスがあれば、と思いスタートしました。

また、スキマ時間に触るデバイスが、PCからスマートフォンに移行しているので、PCブラウザを前提としたリサーチのデザインよりも、よりスマートフォンに適したデザインで提供できれば、ということも考慮しました。

Q2:「TesTee」とは、どんなアプリなのでしょうか。

画像比較によるアンケートや、プロモーションが行えるスマートフォンアプリです。

ユーザーに対し、2枚の画像と簡単な質問文を用意するだけで、回答を集計し、「どちらが良いか」「どちらが人気があるか」といったA/Bテストはもちろん、「世の中ではAのほうが人気があるけれど、20代前半の女性で美容に興味のあるユーザーは、実はBのほうが興味がある」といった市場調査が可能です。

また、回答後、商品やサービスの説明、リンクやクーポンの設定ができるので、ウェブ送客やアプリのダウンロード、店舗への送客も行えます。

・細分化されるスキマ時間にも対応

Q3:従来のネットリサーチとの決定的な違いは、どこにあるのでしょうか。

スマートフォンでの動作を、前提としている点です。

ネットリサーチは、ユーザーがスキマ時間に利用しますが、スキマ時間にインターネットに接続するデバイスは年々、PCブラウザからスマートフォンに移行しています。

また、スキマ時間が、電車の移動や信号の待ち時間など、どんどん細分化されている中、より簡単で時間のかからない安価なネットリサーチは、企業にもユーザーにも、ニーズがあると考えています。

Q4:今後の展開について、教えてください。

弊社の「TesTee」で提供している、A/Bテストを切り口に、他の企業さまと提携して、ネットリサーチ、マイクロタスクのスマートフォンにおけるプラットフォームを、めざしてまいります。

スマホユーザーの取り込みで、有効回答数の底上げも、期待される「TesTee」。マーケティングの世界で、どのように地位を確立していくのか、楽しみなところだ。

TesTee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP