ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今度のライダーは“おばけ”? 『仮面ライダーゴースト』の姿に「変態仮面」「デッドプール」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


禁じ手とも言える“クルマ”モチーフを採用し、史上初のバイクに乗らない仮面ライダーとして活躍中の『仮面ライダードライブ』。主人公(警察官)がまさかの殉職という大ピンチを乗り越え、クライマックスに向けてファンの脳細胞もトップギア状態が続いているだろう(映画も楽しみ!)。

そんな中、今秋10月よりスタートする新・仮面ライダーが発表された。一部の児童向けコミック誌でリークがあった通り、シリーズ17作目のタイトルはズバリ『仮面ライダーゴースト』仮面ライダーが“おばけ”というこれまた斬新なモチーフで、眼魂(アイコン)と呼ばれる“目”の形をしたアイテムを武器に戦うとのこと。ってことは、子どもたちは“目のおもちゃ”を集めることになるのかな?

世界の英雄・偉人と心をシンクロさせ、宮本武蔵やニュートン、エジソンらのチカラを借りて様々なフォームチェンジを行うゴースト。これは『仮面ライダー』シリーズという下駄を履かせずともワクワクする設定! きっと歴史好きの人にも響くのでは?

そしてファンの間で話題となっているのが、その異質なビジュアル。オレンジのマスクをベースに、非常に大きな面積を占める黒い目が目立つ。歴代ライダーのようなスーツタイプのコスチュームとは異なり、『アイアンマン』よろしくアーマーをまとっているのも気になる。

ネット上では、「それは私のおいなりさんだ」の決めゼリフでおなじみのパンティを被ったヒーロー“変態仮面”や、マーベルの最凶傭兵“デッドプール”に似ているという声も続出。もし彼の1人称が「俺ちゃん」だったら全力で応援しちゃう! さらに、「せっかくゴーストなんだから、おやっさんポジションには稲川淳二さんを起用して欲しい」「どうせゴーストライターの新垣さんが登場するんだろ」などと予想合戦も盛り上がっている次第だ。コメディリリーフ的ポジションを続々と投入する近年のシリーズなら、どちらもやりかねないと思ってしまう。

テレビ朝日『仮面ライダーゴースト』公式サイト:
http://www.tv-asahi.co.jp/ghost/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP