ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「非正規雇用」の時給が過去最高を更新 「もはや正社員にこだわる意味がない」との声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リクルートジョブズが三大都市圏で調査を行ったところ、アルバイトやパートの募集時の時給が平均967円となり、2006年以降で最高額を更新した。特にコールセンターなど「事務系」スタッフは、昨年比26円アップの986円と高い水準を記録している。

派遣社員の時給も平均で1596円と昨年比46円アップで、こちらも2007年2月以降の最高額を更新。派遣料金に占める派遣社員の賃金の割合を7割とすると、1103円という高水準に。非正規雇用の好調ぶりに、ネットでは「もはや正社員にこだわる意味がなくなってきたかも」という声まで聞かれる。
1日3時間のサビ残が続くとパート・アルバイトの平均以下に

特に「サービス残業」が横行するような会社に勤める若手サラリーマンからは、「おれバイトに抜かれてるかも」という嘆きが聞かれる。

例えば上場企業の平均初任給と言われる20万7450円を月160時間で割ると、時給は1296.5円となる。この段階では正社員の方がわずかに上回っているが、仮に1日2時間のサービス残業を月に20日行うと時給は1037円となり、派遣社員の賃金を下回ってしまう。

さらにサビ残の時間が1日3時間にのぼると時給は943円となり、コールセンターのパートタイマーはもちろんのこと、飲食や小売りなどを含むパート・アルバイト全体の平均賃金をさらに下回ることになる。

もちろん「将来の昇給」や「雇用の安定性」「福利厚生の充実」などを理由に、一時的な賃金では測れない価値があると主張する人もいるだろう。しかし、いまや非正規雇用にも同じような内容を保障する会社もある中で、正社員でも賃金は何年も上がらない状況がある。

以前、テレビ番組で非正規雇用と正社員との格差が議論になった際、竹中平蔵氏が「(異常に保護されている)正社員をなくせばいい」と発言してネットで話題となったが、この格差は水面下でかなり縮小しつつあるのかもしれない。

あわせてよみたい:会社を辞めたくなったら「オンライン学習サイト」を受けてみる
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP