ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ドバイワールドカップ】日本馬ワンツー! ヴィクトワールピサが優勝

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

vict1

日本馬が、ついに偉業を成し遂げた!

日本時間27日未明、メイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ(G1 AW 2000m)は、ミルコ・デムーロ騎手が騎乗するヴィクトワールピサ(牡4歳 角居勝彦厩舎)が優勝、さらに2着に藤田伸二騎手騎乗のトランセンド(牡5歳 安田隆行厩舎)が入り、世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュを決めるという快挙を成し遂げた。勝ちタイムは2分5秒94。

レースは序盤からトランセンドが逃げる形となった。向こう正面手前から、最後方につけていたヴィクトワールピサが徐徐に追い上げ、馬群先頭を走るトランセンドをぴたりとマーク。
直線に入ると二頭のたたき合いとなり、残り200メートル付近でヴィクトワールピサが先頭に立つと、そのまま後続をおさえてゴールした。
現役最強馬の一角として期待されたブエナビスタは、直線での伸びに欠き、出走14頭中8着に敗れた。

勝利後のインタビューで、デムーロ騎手は「ありがとう」を繰り返し、「日本のために勝ちたいと祈っていた、日本を愛している」と涙ながらに語った。
また、ヴィクトワールピサを管理する角居調教師は、レース前のインタビューで「日本が厳しい状況の中で競馬をしていいのか」という迷いをのぞかせながらも、「日本の皆さんに元気を与えられるレースを」と語っていたが、まさにその言葉どおりの結果と言えよう。

1996年に創設されたこのレースは、賞金総額が1000万ドル(約8億1000万円)、優勝賞金600万ドル(約4億9000万円)と世界最高だけあって世界中から強い馬たちが集まるが、これまで日本馬が優勝したことはなく、2001年にトゥザヴィクトリーが2着に入ったのが最高成績だった。

優勝したヴィクトワールピサは、昨年の皐月賞、有馬記念の覇者。長年競走馬の馬主でありながら、G1優勝を獲得できなかったオーナーの市川義美氏に、そのタイトルをプレゼントしたオーナー孝行の馬でもある。
しかし、ここまでの偉業を成し遂げてくれようとは……市川氏も感無量だろう。

同日開催されたUAEダービーに出走したレーザーバレットは9着、ドバイ・シーマクラシックに出走したルーラーシップは6着に終わっている。

なお、レース映像は下記からごらんいただける。
「ドバイワールドカップ 成績と映像」2011年03月27日『JRA』公式サイト

ヴィクトワールピサ(牡4歳)
父:ネオユニヴァース
母:ホワイトウォーターアフェア
母父:Machiavellian
厩舎:栗東・角居勝彦
通算成績:13戦8勝(うち海外3戦1勝、重賞6勝)
主な勝ち鞍:2010年皐月賞(G1)、2010年有馬記念(G1)、2010年弥生賞(G2)、2011年中山記念(G2)、2009年ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)

※画像はグリーンチャンネルから

■関連記事
ポポポポーン! 動画まとめ MADになった「あいさつの魔法」たち
ニンテンドー3DSのARを巨大化させ鉄人28号と記念写真!
【まとめ】会見用語集“ただちに、検討中”など 会見中に参照しながら見よう
Androidのマスコット『ドロイド君』のダンスが「キモ凄い」と話題!
漫画家がクオリティの高い「ぽぽぽぽーん」のフィギュアを作り話題に!

nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。