体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今度は『おおぞらをとぶ』! 神鳥ラーミアで飛んでいるようなトヨタ『AQUA』の新CMとは!?

今度は『おおぞらをとぶ』! 神鳥ラーミアで飛んでいるようなトヨタ『AQUA』の新CMとは!?

ファミコン世代の耳と目が釘付けになってしまうCMといえば、『ドラゴンクエストIII』の楽曲『冒険の旅』がBGMに採用されていることで話題となった、トヨタ『AQUA』のCMだ。

参考記事:
トヨタ『アクア』のCMで『ドラクエ』のあの曲が使われてるからドラクエIIIの思い出話をしてみる
http://getnews.jp/archives/715844

aqua2

そのCMが好評だったことを受け、7月24日からは新たなCM『【アクア】LONG DRIVE 大空篇』が公開中だ。こちらにも、同じ『ドラゴンクエストIII』から『おおぞらをとぶ』がBGMとして採用されている。

『おおぞらをとぶ』は、『III』で初登場した“メンバーが空をとぶ”イベントの最中だけ流れるシチュエーション限定のBGM。『ドラクエ』の世界を空から堪能することができるという新たなシステムに、それまでシリーズをプレイしてきたユーザーも、『III』から入ったというユーザーもどれだけ魅了されたことか。

『I』ではRPGとしての楽しさ、『II』では船での移動が可能となったことで更なる楽しさを。そして、『III』では複数のフィールドマップと“不死鳥ラーミア”の登場により、広大な世界を陸・海・空から堪能できるようになった。

これにより、『III』をプレイしたユーザーは改めて『ドラゴンクエスト』シリーズを“1つの世界”として認識でき、これまでにない楽しさを感じたのではないだろうか。

『おおぞらをとぶ』は、プレイヤーにそんな新たな楽しさとワクワクを刻み込んでくれた曲といっても過言ではない。果たして、新CMは、その『おおぞらをとぶ』にふさわしい仕上がりとなっているのだろうか? さっそく、CMの内容をチェックしてみた。

演奏は今回もあの“東京都交響楽団” 冒頭の映像が美しすぎる

aqua3

「AQUAがまるで空を駆けている」かのようなイメージで撮影されたというCMの冒頭は、朝日と思われる光へ向かっていくシーンで始まる。

前回同様、東京都交響楽団が演奏する『おおぞらをとぶ』にのせ、空が映り込んだ地面との狭間を飛ぶ映像は、まるで永遠につづく光へと向かっている気分にもさせられる。

もし、ラーミアに乗ることができたなら、初めて乗った時はこんな気持ちになるのかもしれない。

真っ白な世界を疾走する白い『AQUA』が幻想的

aqua4

アメリカのソルトレークシティーにある塩湖(グレートソルト湖)周辺で撮影されたという同CMは、見渡す限りの白い世界が広がっている。そこを白い『AQUA』が疾走する様子は、なんとも不思議な映像だ。

ほとんどのシーンで白い地面に空が映り込んでいるため、走っているというよりも、“地面とも空ともつかない不思議な空間”を滑るような飛ぶような、なんとも表現しがたい軽くしなやかな動きで移動しているように見える。

色のない世界に現れる湖がより神秘な風景を演出

aqua5
1 2次のページ
北島 要子の記事一覧をみる

記者:

サブカル好きな器用貧乏ライター。あまりに器用貧乏で残念すぎるくらい。

ウェブサイト: http://blog.livedoor.jp/e_zero0/

TwitterID: y_kitashima

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。