ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【正直レビュー】ラーメン屋編『あら炊き豚骨 荒海』(渋谷区代々木)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あらゆるものに対して正直にレビューしていく『正直レビュー』のコーナー。今回は、ラーメン屋『あら炊き豚骨 荒海』(渋谷区代々木)を正直にレビュー。この店は “つけ麺” がメインのラーメン屋らしいので、つけ麺(750円)を食べてみた。それ批評は以下の通りだ。

麺: 表面はツルツルとしており、内部がシコシコとしている弾力の強い麺となっている。麺の美味しさは特に可もなく不可もなくだが、つけ麺に適している麺を選んでいるといえる。一人前が280グラム、100円増しの大盛りだと360グラムとなる。

スープ: 非常に残念なスープである。コッテリとした濃いスープでありながら、サッパリとした味わいを楽しめるスープではあるが、麺との相性が悪い。スープがツルツル麺にまとわり付かず、さっぱりとした味のスープが麺とともに口に入るころには、すでに薄味となっている。とはいえ、スープだけを飲んでみると、つけ麺特有のしょっぱい味のスープとなっている。つけ麺のスープはだいたいしょっぱいのでそれでいいのだが、そのしょっぱさが麺とからむときに薄味となってしまい、物足りなさを感じさせる要因となっている。ツルツルの麺には粘力のあるスープでないと適さない。まずくはないが、とびきり美味しいとはいえないものである。スープに入っているチャーシューは合格点。

具材: 麺に盛られている具はモヤシのみで、このモヤシが食感を台無しにしている。しかし、具の選択を間違っているわけではない。何が問題なのかといえばモヤシの茹で時間である。茹で時間があまりに短いため、モヤシ独特の臭みが出てしまい、麺とスープの風味を壊している。モヤシを噛むと口の中に土臭さが広がるのだ。モヤシのシャキシャキ感はラーメンにとって非常に重要なポイントなので、それを生かそうとした結果がこれなのだろうが、あと10秒間は長く茹でるべきである。それだけでこの問題は解決すると思われる。

トッピング: 無料で白ねぎのみじん切りを入れることができる。スープにパンチをきかせたいときに入れるといいが、さほど味は変わらない。また、スープが足りなくなったり、スープを薄味で飲みたいときはダシ汁を無料でもらうことができる。「スープを足してほしい」といえば、別皿にダシ汁を入れてくれるので、それをスープに入れる。1度にもらえるダシ汁の量が少ないため、3杯ほどもらわないと、しょっぱいスープを薄めることはできない。

調味料: コショウ、お酢、唐辛子がある。コショウや唐辛子はお好みで入れてもいいが、お酢はスープに入れないほうが良い。スープのうまみが一瞬にして消えてしまうからである。お酢はつけ麺において重要な調味料なのだが、このスープにお酢は適さない。単なる酸っぱい汁と化すので、お酢はオススメできないと念を押しておく。

接客: 非常に丁寧である。オープンしたばかりで忙しいからなのか、これからもずっとなのか、狭い厨房には3名の店員が忙しそうに動き回っている。忙しいにもかかわらず、接客がきちんとしており、笑顔を絶やすことはない。その徹底振りをラーメンのほうでも発揮してほしかったが、今の段階では味に合格点を与えるに至らない(このニュースの元記事はこちら)。
 

■ほかにもグルメの記事があります
2000人が選ぶフライドポテトが美味しいファーストフード店が決定!
【新つけめん激戦区・新宿】 あら炊き豚骨 荒海で食べてみた
焼肉と寿司、どっちがごちそう? 5000人に聞いた調査結果を発表!
漢達の楽園、唐揚げ食い放題の店が下北沢にあった

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。