体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョッパーが! エースが! 史上最大『ONE PIECEドームツアー』本日開催!

トニートニー・チョッパー

本日25日から京セラドーム大阪にて『ONE PIECEドームツアー』が開催される。 『ONE PIECE』とは週刊少年ジャンプで連載され単行本の累計発行部数は2億冊を突破。 アニメ化・映画化も大ヒットを飛ばし……、と一般的な説明をするのが照れ臭いくらいに有名な作品だ。 本日から3日間は京セラドーム大阪で、4月27日から5日間は東京ドームで開催予定となっている。

今回のイベントは『テーマパーク型イベント』と銘打たれ、ドーム一杯に『ONE PIECE』の世界観が詰め込まれたもの。例えば「アラバスタ」、「ウォーターセブン」など原作でお馴染みのエリアに区分され、そこでのストーリーや名シーンが再現されている。 先に挙げた「アラバスタ」ではバロックワークスの衣装等が、「ウォーターセブン」では全長20mの“サウザンド・サニー号”が展示されている。

バロックワークス衣装 サウザンド・メリー号横 サウザンド・サニー号

また「シャボンディ諸島」エリアには王下七武海や海軍将軍達が、ほぼ等身大に再現された巨大フィギュアが並んでいる。 主催者側が「展示物は原作の設定になるべく近づけて製作している。 『ONE PIECE』のスケール感を感じて欲しい」と語る通り、皮膚感や服のシワにまでこだわった作品群であり、それら一体一体はじっくりと見て欲しい。

王下七武海と海軍大将 ポートガス・D・エース 白ひげとマルコ

個人的にお勧めしたいのが、ドーム内で貸し出しされる音声ガイドだ。 貸し出し時に渡されたガイドマップを機械で読み取ると、ゾロとサンジがそのエリアの解説とエピソードを語ってくれる。 ゾロとサンジの説明は今回のために新たに収録したもので、ここでしか聞くことが出来ない点もポイントだ。 なおレンタル料は5000円、返却時に返金されるデポジット(保証金)は3000円となっている。

音声ガイドとエリアマップ
1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。