ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Star Digital、日本で19,800円からのSIMロックフリースマートフォン「F1」「F1L」「C1」を10月より発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー スターデジタル(Star Digital Technology)が国内で SIM ロックフリーの Android スマートフォン「ONE-FIVE」シリーズ 3 機種を発表しました。これらは 10 月 1 日より順次発売されます。日本では無名な Star Digital は、主に南米やロシアなどでスマートフォンを販売している中国の ODM 企業です。これまでに海外で 150 万台の販売実績があるとしています。今回発表されたのは、「F1」「F1L」「C1」のシンプルなネーミングの 3 機種で、いずれも、iPhone 6 っぽいスリムなデザイン,価格のわりに良いスペックが特徴です。また、OS は Android 5.1 で Google Play に対応。デュアル SIM 仕様で、GSM(クワッドバンド)、WCDMA(Band 1 / 5 / 8)、LTE(Band 1 / 3 / 7 / 8)に対応しています。価格は、F1 が 34,800 円、F1L が 39,800 円、C1 が 19,800 円。F1 は 3 機種でも主力と言える 5 インチモデル。5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのLCD、MediaTek MT6753 1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,100mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1 に対応。筐体サイズは 143 x 70 x 6.8mm 、質量は 130g。F1L は F1 の大画面モデルです。5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの LCD、MediaTek MT6753 1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,600mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1 に対応。筐体サイズは 153 x 77 x 6.9mm 、質量は 135g。C1 は F1 の廉価版です。5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの LCD、MediaTek MT6735 1.0GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1 に対応。筐体サイズは 143.5 x 69.8 x 7.2mm 、質量は 170g(たぶん表記ミス)。全体的に「イマドキの中華フォンだなぁ」と思える内容です。性能は大手企業のフラッグシップモデルには及ばないと思いますが、F1 と F1L は日常的な使用で困るほどではないと思います。それにしても、ブランドロゴを見て、「OnePlus のパクリ??」と思いました。Source : ONE-FIVE 公式サイト


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto X Pure Editionの価格は$399~、米国全キャリアのLTEに対応
Galaxy S6 edge+と思われる「SM-G928F」がGeekBnechに登場
Motorola、新フラッグシップ「Moto X Play」「Moto X Style」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。