体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これを飲まなきゃ日本ワインは語れない!? 『シャトー・メルシャン』直営ワインバルで夏色スパークリングを飲みくらべ!

シャトーメルシャン1

気づけば夏真っ盛り! 蒸し暑〜い夜はキンキンに冷えたビールで喉を潤すのも良いですが、たまにはスパークリングワインでシュワっと爽やかに過ごしてみるのはいかが? 山梨県勝沼市のワイナリー『シャトー・メルシャン』が直営している六本木のワインバル『シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル』では、期間限定で「夏色スパークリングフェア」を開催中。相性抜群のオリジナルメニューと一緒に、“純国産”の個性豊かなスパークリングワインを楽しめるということで、お酒好きの筆者が体験してきました!

※画像がすべて表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1060898

日本ワインを心ゆくまで楽しめる『シャトー・メルシャン』直営店

シャトーメルシャン

70年代、山梨県勝沼市に日本で最初に誕生した民間のワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツとするワイナリー『シャトー・メルシャン』。材料のぶどう作りからワイン作りまで一貫して日本国内で行う“日本ワイン”が国内外で話題になっている近年ですが、先日編集部で取材したイベント『日本ワイン MATSURI 祭』(記事:http://getnews.jp/archives/988847[リンク])でも『シャトー・メルシャン』のワインはひときわ注目を集めていました。
そんなこだわりのワインを都内でも気軽に楽しめると人気なのが、六本木一丁目にある『シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル』です。

シャトーメルシャン

その名の通り、『シャトー・メルシャン』が展開するワインバル。店内の大画面ではぶどうの産地やワイナリーの様子などが見られるので、待ち時間も退屈することがなさそうです。

シャトーメルシャン シャトーメルシャン

赤で統一されたチェアが印象的な店内。オフィス街の中心にありながら、お客さんには女性が多いというのにも頷けます!

シャトーメルシャン

店の外にはぶどうを発見。普段なかなかお目にかかれないぶどうの栽培に、思わず目を奪われます。

1 2 3 4 5次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy