ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】実は差別語だった! フジ27時間テレビ公式シャツに書かれた「HONKY」の文字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年恒例のフジテレビの人気番組『27時間テレビ』。今年は2015年7月25~26日にかけて放送されたが、フジテレビがとんでもない大失態をしていたことが判明した。

・差別的な意味を持つワード
番組内で、出演者たちが「NO FUN NO TV DO HONKY」と書かれた公式シャツを着て登場するシーンが多々あったのだが、実はその言葉に差別的な意味を持つワードが含まれていたのである。

・白人を軽蔑して呼ぶ名
それは「HONKY」の部分。その言葉を辞典で調べてみると「米俗 白人 / 黒人が軽蔑的に用いる」「白人を軽蔑して呼ぶ名」という意味を持っていることがわかる。

英語には日本人を馬鹿にした言葉や、黒人を馬鹿にした言葉もあるが、それと同等の酷い言葉だと考えていい。この大失態に対して視聴者たちは、以下のように感想を書き込みしている。

・視聴者たちの声
「わざとなんじゃないかなぁ」
「honkyは白人に対する蔑称を意味する英語のスラングです」
「フジテレビって何のために高学歴を採用してるんだろう?」
「黒人の方が白人の方に対して使う差別用語だと知っているのでしょうか」
「普通に「HONKI」って書いときゃいいのに、変にカッコつけるからこうなる」
「少なくとも良い意味じゃない」
「honkyは白人を侮辱するスラング」
「honkyの意味知らんとか中卒レベルの英語かい」
「チェック入れる人間はいなかったのか?」
「27時間テレビでのHONKYって、白人に対する蔑称なんだね」
「東京オリンピック前にそんな差別的な言葉を掲げてる」

・「HONKI」にすればよかった
番組としては、テーマのひとつである「本気」を英字にしただけと思っているかもしれないが、それならば「HONKI」にすればよかったのではないだろうか? ちょっとクールに英語っぽく「HONKY」にしたのが間違いだったようである。

https://youtu.be/qH3hioljyaI

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/27/27/

Via: 27時間テレビ

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP