ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wikipediaの共同創業者が、チャリティーに特化したソーシャルメディアを創設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」の共同創業者としても知られるジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)氏。

同氏は、7月21日に非営利団体やチャリティーと一般ユーザーをつなぐ、新しいソーシャルメディアネットワークサービス「TPO(The People’s Operator)」を創設した。

・チャリティーに特化した、新しいソーシャルメディア

TPOのインターフェイスは、Twitterと似たシンプルなもの。ユーザー間で“フォロー”し合ったり、ユーザーがテキストや画像を自由に投稿できるという点では、FacebookやTwitterなどと同様の仕組みだ。

TPOの特徴は、このソーシャルネットワークを形成するユーザーとして、社会的課題に取り組む非営利団体やチャリティーを、開設当初から参加させている点。

すでに、世界自然保護基金(WWF)やセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)ら、70を超える組織が、TPOのユーザーとして名を連ねている。

また、TPOでは、非営利団体やチャリティーに寄付するための機能も実装。支援したい活動や団体に、TPOのプラットフォームから直接、寄付を行うことができる。

・情報発信から資金調達までワンストップで実現

TPOは、いわば、ソーシャルメディアと寄付サイトを融合させたようなプラットフォーム。

非営利団体やチャリティーにとって、情報発信から資金調達までをワンストップで実行できるのは、利点といえるだろう。

TPO(The People’s Operator)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP