ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人工知能がスパルタトレーナーに!Appleのエンジニアらが開発したフィットネス・ウェアラブルとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人工知能を活用し、ユーザーの“ゴールを達成するために監督する”、一歩進んだフィットネス・ウェアラブルが開発された。

・Appleなどのエンジニアが開発

スポーツの運動量を計測する一般的なフィットネス・ウェアラブルは、走った距離や燃やしたカロリーを計算するだけで、そのデータを生かすのはユーザー次第。

そこで、AppleやMicrosoft Researchで働いていたエンジニアやデザイナーが集まり開発したのが「Moov Now」だ。

・リアルタイムで指示が聞こえる

「Moov Now」は、腕にも足首にも装着可能なバンド型のウェアラブルで、ランニング、サイクリングなど6つのエクササイズが選べる。

「Moov Now」がアルゴリズムと連動し、モニターしたデータを元にリアルタイムで現在の状況と、ゴールまでにやらなければいけないことを指示する。

・あなただけのスパルタトレーナーに!

例えばロードバイクでトレーニング中なら、“ここでギアを重くしましょう” “ここは今までで一番の上り坂です。あなたならできます!1、2、3!”など、「Moov Now」がSiriの音声でコーチしてくれる。

「MoovNow」はウォータープルーフなので、水泳にも使える。何回のストロークで何本泳いだかをモニター。

途中でクロールからバタフライにフォームを変えても、3DモーションキャプチャーとAIソフトが動きをモニターする。

まさに、厳しいパーソナルトレーナーについて運動しているようなフィットネス・ウェアラブルだ。

・進化した2世代目「Moov Now」

開発元のMoov. Incは、昨年クラウドファンディングで資金を募り、2週間で100万ドル以上の事前予約を受けて旧モデルの「Moov」を商品化したスタートアップ。

今回発表された2世代目「Moov Now」は、今なら定価から40%オフの59.99ドルで事前予約受け付け中。(日本への送料は20ドル)

スポーツジムの会費より安く、目標達成に力を貸してくれるフィットネス・ウェアラブルに注目が集まる。

Moove Now

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP